ワインとフットマン

つい先日の豪徳寺執事の日誌ご覧になりましたでしょうか??
今月はリースリングというブドウを使った白ワインを4種類も用意しているのです!!

私はシャルドネちゃんが本命ですが。
リースリングも非常に美しいワインを生み出す高貴な品種でございます。
生産地によって大きく姿を変えるのでその違いを是非お楽しみください。

非常に美味しくて個性的なワインがそろっておりますよ♪


さて。専門的な話は豪徳寺執事がしてくれましたので・・・少し視点を変えて・・・私はワインをフットマンに例えてみました!!

 

1・ドライリースリング エステート 08
キリッとした軽い辛口! すっきりとした清涼感のある味わいなので最初に召し上がるワインにはぴったりです。
前菜をはじめ多くの料理に良く合います。
こんなワイン。フットマンに例えるなら・・・

『茅ヶ崎』 でしょうか!

フレッシュで軽快な味わい。まだすこし子供っぽさを残す爽やかさ、元気のよさ、そして誰とでも自然に接するあたり・・・ぴったりですね。



2・リースリング キュベ・テオ 08
先ほどのものと同じ辛口の白なのですが、こちらの方が果実の旨みをしっか
り感じられる厚みのある味わいをもっています。
しかし、繊細ながらもしっかり主張する酸が全体を引き締めていますね。

非常に優雅で繊細、きれいですが、しっかりと地に足をつけ、芯が一本通っているあたり・・・
そして、キレイな酸とミネラルは一刀両断の空気も漂わせる『天河』にそっくりではございませんか?
春日もこのワインを飲むと天河を思い出すに違いありません。

非常に美味しい!個人的には今月一番のオススメワインです!!
ディナーでポワソンを召し上がる際には是非これを!!



3・エラーラー・エンゲルストロッフェン 00
こちらのワインの最大の特徴はヴィンテージ!
なんと10年前のワインです! 白ワインは、赤に比べバックヴィンテージが少ないので、
この機会に是非熟成した白ワインの味わいを楽しんでください!
そうですね、フットマンに例えるなら・・・

柔らかく、優しい微笑み。癒しのフットマン『出雲』などでしょうか?
角が取れ丸くなった優しいワインの味わい。そしてドイツのリースリングの気品。
軽く感じるふんわりとした甘みも彼のようです。



4・リースリング シュペトレーゼ 06
こちらは甘口の白です。
非常にバランスのいい甘口ワインでございます。
アルコールも弱めですので、辛口のお酒が苦手なお嬢様にはオススメのワインです♪
・・・といいますか。誰が飲んでも素直に美味しいワインですね。


おそ摘みの熟したブドウの旨みををストレートに表現しているこのワイン。
その実直さ、いつも素直に優しい笑顔を振りまいている『新海』お思い出しませんでしょうか?




さて。
どうでしたでしょう??
伝わりましたでしょうか??

いえ。わからなくても大丈夫です。
百聞は一見にしかず!
とにかく飲んでみればそのフットマンの笑顔が浮かんでくるはずです!!
騙されたと思って!!

(※例は大河内の主観により選ばれております。実際のフットマンのイメージとは異なる場合がございます。予めご了承ください)
Filed under: 大河内 — 22:00