紅茶の話

お嬢様ーーーー♪
今月もおいしい紅茶がたくさん入って参りましたよーー♪




大河内でございます。
まず、今月の目玉を最初にご紹介します。





『ダージリン オータムナル ロングビュー農園』
実は先月末にすでに何度か(例によって湯島と)ティスティングしていたのですが、


注いだ瞬間にカップから零れ落ちる香り!! 素晴らしいです……。
私も多くの紅茶を飲んで参りましたがここまで香りで感動したのは久々です。


オータムナルというと、1stや2ndに比べるとどうしても一段下にみられがちなのですが、それを覆す魅力を持っております。
そもそも、紅茶の価値の半分は香りにあるといっても過言ではありません。
そしてこの紅茶はその香りが特に素晴らしい。


清涼感ある華やかな香り。ただ、その質が大変独特。2ndのように濃密なわけではなく、同じ爽やかでも1stのように若々しいわけではない……まさにフラワリーな要素を持つマスカテルフレーバー。
ピークを過ぎ力強さが熟成に変わってきた、そんな妖艶な魅力をもっています。


味わいも控えめながらもバランスよくまとまっており飲みやすい。
繊細な渋みとコクなので飲み疲れない。
非常に優しい口当たりで、香りと共に「癒しの紅茶」といえるでしょう。


私自身。個人的に今期のダージリンオータムナルは5~6種くらい飲んだのですが、一番美味しかったのはこちらの「ロングビュー農園」でございました。
09年のダージリンは不作であったというのが専らの評価ではございますが(特にファーストは)、ここまでの紅茶を見せられると考え方も変わって参りますね。
今回初めて飲んだ農園だったのですが、来シーズンから他のクォリティシーズンのものが手に入るならチェックしたいと思います。






さて、今月からご用意している紅茶でもうひとつの目玉といえばやはりキングダムでしょう!
私も長いことお屋敷でお仕えしておりましたが始めての試みでございます。
雪も降る寒い季節。 濃厚なロイヤルミルクティは体が芯からポカポカと温まりますね。
紅茶は雪村が苦心を重ねて作ったレシピで淹れております。 とにかく濃厚なことが特徴!!
ここまでのものはそうそうないはず・・・飲み応えがありますね。


茶葉はアッサム。しっかりしたコク、そしてタンニン。これを煮出すことによって最大限に発揮させます。
茶葉もこだわってリーフタイプではなくCTCという特殊な茶葉を選んでおります。
(ころころした丸い形の茶葉です。リーフタイプよりも抽出しやすいように加工されています)


私が淹れる機会があるのかどうかはわかりませんが。
ティーマイスターは各々苦心しながらいれているようですね。 
特に紅茶とミルクの味わいのバランス。非常にパワフルなミルクティーですのでバランスをとるのが難しいようです。
レシピはあっても、そこがティーマイスターの腕の見せ所でございますね。






毎日美味しい紅茶に囲まれて生活しているのは本当に幸せでございます。
と。ワインを片手に・・・感じています。
Filed under: 大河内 — 10:48