夏の成長と開花

ご機嫌麗しゅうございますお嬢様、お坊ちゃま。蓮見でございます。
梅雨が明け、途端に猛烈な暑さとなってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。日差しが強い日などは少し外を歩くだけでも汗が噴き出すような、まさに夏真っ盛りでございますね。
そしてそんな折に、以前お話させていただきました謎の球根が急成長し、あっという間に花が咲いておりました。夏の日差しに負けずにどんどん葉が伸び、まずは一輪、綺麗な色を見せてくれております。そして、肝心のこの花の名前ですが、、、ガーデニング仲間に聞いて回ったところ、おそらくゼフィランサスではないかということでございました。ヒガンバナ科の植物で、初夏から秋にかけて伸び、花を見せてくれるとのことでございます。すでに分かっていたことではありますが、チューリップではございませんでした。ですがやはり、しっかり成長し花を咲かせてくれたことはとても嬉しいものでございます。今回咲いたのは桃色の花でございましたが、白や黄色の花もあるということで、ほかの苗からどんな色を澪せてくれるのか楽しみでございます。まだ一輪ではありますが、プランターが花で彩られる日を楽しみに、引き続きお世話をさせて頂こうと思います。

ゆっくりと草木の成長を見守る、ガーデニングの醍醐味でございますね。それでは、まだまだ残暑も厳しい日々ではございますが、体調など崩されませんようご自愛くださいませ。

蓮見