お料理セラピーその1

ご機嫌麗しゅうございます。

日比野でございます。


いまは深夜2時。

なんだか今夜は眠れません。


きっとそれは何かを考えすぎているせい?

何かが満たされていないせい?


そんな夜は冷蔵庫の扉を開けて、

自分に大好物をご馳走してあげましょう。


お腹を満たして、

1日頑張った自分を褒めてあげて、

感謝の気持ちで眠れるように。


「朝は希望に起き、昼は努力に生き、夜は感謝に眠る」


私が幼い頃、ある方から頂いた言葉です。

言葉には魔法の力があります。


さて、今夜私が頂くのは、

「アボカドと生ハムの冷製パスタ」です。


本当はもう少し頑張った後に食べようと

材料を買っておいたのですが、、


いやいや違います!

この夜のために買っておいたのです。笑


材料

・アボカド(カチカチではなくグニグニのもの)

・生ハム(安いものでいい)

・スパゲッティ(普通ので大丈夫)

・オリーブオイル

・レモンドレッシング

・ヨーグルト(無糖)

・お醤油(かき醤油も好き)

・すりおろしにんにく

・お塩

・粗挽き胡椒

・お湯


まずはお湯を沸かしましょう。

お塩もふたつまみくらいぱっぱっぱ。


その間に、

アボカドさんに包丁をぐるっと回して、

中の種さんも取ってあげて、

皮もツルッと剥いてあげましょう。


お湯が沸いたらパスタくんを入れて、

ちょっと堅めに茹でてあげます。


ボウルに切ったアボカドさんを入れて、

ヨーグルトは大さじ3

オリーブオイルも大さじ1くらい?

お醤油もひとまわし

お気に入りのレモンドレッシングは大さじ2くらい

にんにくは一欠片分で十分。


フォークでぐにぐにしながら混ぜてあげましょう。

ドレッシングは味が完成していて最高の調味料なのです。


これでソースは完成。

あとは茹で上がったパスタくんをざるにあけて、

シャワーで優しく洗って、

氷水でさらに冷やしてあげても喜びますよ。


ソースと絡めてお皿に飾って、

粗挽き胡椒をかけてオシャレにするのポイントです。

生ハムを好きなだけ乗せたら完成!


味付けなんて大体でいいのです。

「いい加減」は「良い加減」


お料理を通して、

考え事をしながら、作業に集中しながら、

生き方を学んでいる気がすることがあります。


いまの私は

理想の自分に縛られすぎていないだろうか?

目標に縛られすぎて

足元のたんぽぽを見落としていないだろうか?


嫌なことは後回しにしたって良い。

たまにはウソをついてみても良い。

良い加減に手を打ってみるのも良いでしょう。

心を無理に統一する必要はない。

時には好奇心の趣くまま冒険したって良いのです。


それが道草であっても、

寄り道であっても。


ご馳走さまでした。

いまの自分にOKを出して、

今夜は眠ることに致します。


おやすみなさい。

日比野でした。


P.S

折角のお料理日誌ですし、

次回はビバレッジユニットブログに

認めることに致しますね。



https://ameblo.jp/wine-cocktail/
Filed under: 日比野 — 22:00