動物たちと私 Ⅲ

ご機嫌麗しゅうございます。


もう7月だと言うのに今年は暑さ穏やかめで比較的過ごしやすくございますが、例年通りのお召し物ですと雨天時には冷えますゆえ羽織ものなど馬車にご準備しております。何なりとお申し付けくださいませ。


また都心部では感染拡大の噂がございます。

困ったものにはございますが、ご別宅や自宅でお過ごしの際に打って付けのものがございます。それは猫を愛でる ことにございます。

近頃は便利な世の中、ご別宅に飼っていらっしゃらなくとも世のいかなる猫をも愛でられる素晴らしい世界にございます。

特に最近のトレンドとしてはマヌルネコ。

チベットスナギツネと同じようなシュールな顔立ちと、もふもふな毛から除く御御足をトコトコと素早く移動する様は真理。

あとはスナネコも良いですね。幼体に特に顕著に現れる手足にベルトを巻いてるような模様がクール。成体も凛々しい顔立ちでいけもふにございます。


まぁそれを上回る可愛さを持つのが我が愛猫ツナでございます。以前日誌にて運命的な出会いをご紹介させて頂いた彼女は、元野良とは思えない美猫にございます。吸い込まれそうなオッドアイにツヤツヤの毛並み。帰宅すると犬のように足元に駆け寄ってくる姿にはスタンディングオベーション。


そんな食べちゃいたい可愛さを、いかようにお嬢様に理解してもらうか…食べてもらえば良いのでは…?

ご自宅ではテーブルマナー故に携帯電話を使うことができず、猫を堪能できない問題点も解決した今月のアイス「諧謔的なエントロピー」にて愛らしい肉球を表現させて頂き、なおかつ私と彼女の甘くほろ苦い思い出を感じて頂ければと存じます。


つい好きなものについて語ると歯止めが効かなくなってしまいました。申し訳ございません。ではまた後ほど。

Filed under: 高垣 — 22:00