羽瀬的アルセードのすゝめ

アイスティーの季節となりました!
私のブレンドティーが本領発揮する季節でございますね!!

まだ、試したことの無いお嬢様方もいるかと存じますので、
簡単なご紹介を。

アルセードとはラテン語でカワセミを意味する言葉で、
そのエメラルドブルーの水色と爽やかな味わいを
渓流を飛ぶ翡翠の姿に例えてこの名前をつけました。

とても情報過多なハーブティーでございまして、
・まず水色が青い
・味が温度帯で変わる。熱いうちはレモンの香りが口の中に広がり、冷めるとラムネの甘さが立ってくる。
・青色はバタフライピーというハーブの色なのだが、効能が血流の流れを良くする効果で、末端冷え性や眼精疲労の回復など、毛細血管の血の巡りが原因の体の不調に効く。
・バタフライピーは酸に反応するので、レモン果汁などを入れるとピンク色に変色する。

ざっとこの辺でございましょうかね、、?

しかし、今回1番伝えたいのは別にございます!!!
それは、、、


平日夕方以降限定のお品、『トワイライトティー』に使っていただきたいのです!

ラスティネイルとキールという2種のカクテルを用意してございますが、
どちらとの相性もよく、
ラスティネイルなら、お酒好きには良い味わいを。
使っているウイスキーが『シーバスリーガルミズナラ』と申します、
フルーティーさの中にナッツに例えらる香りが特徴のものを使っておりまして、
お酒好きにも、初めてカクテル飲まれる方で『これがお酒かー!』とお勉強される方にも良いかと存じます!
アルセードと合わせると、
その爽やかさとラスティネイルの爽やかかつ大人な香りが
素敵なハーモニーを奏でてくれます。

対してキールはポートワインを使うことにより、
比較的甘さやカシスの酸っぱさが感じやすい仕上がりになっており、
ハーブティーというより、もはやカクテルでございますね。
こちらはとてもフルーティーなので、
お酒が苦手な方でもお飲みいただけるかと存じます!
なにより、混ぜた時の紫色の水色が、、、

これはご覧になった人だけの特権でございましょう笑



カップに注ぐお酒の量はご自身で調整いただくのですが、
個人的にはどちらもおつけするスプーンで
5杯ほどがおすゝめでございます。

今思えば、作ったハーブティーにもお酒好きが出てしまったのかもしれないと思う、今日この頃でございました。


羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00