ご挨拶

ご機嫌麗しゅうございます。お嬢様、お坊っちゃま。

お初にお目にかかります。
絢辻(あやつじ)でございます。

この度、当家ティーサロンでお仕えさせていただくことになりました。
お嬢様、お坊っちゃまの給仕を務めさせて頂けること、至極光栄に存じます。

私事ではございますが、読書(ミステリ小説が多いです)が趣味でございます。
それもあってかティーサロンでの給仕の他に、お屋敷の書物の調達も仰せつかっております。

この場をお借りして私の好きな本など紹介させて頂こうと思いましたが、なにぶん筆が止まらなくなりそうですので…
またの機会に致します。

未熟者ではございますが、日々精進してまいります。
お嬢様、お坊っちゃまのお早いお帰りを心よりお待ちしております。

絢辻
Filed under: 絢辻 — 22:00