癒しの寝息。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。 ‬
‪瑞沢でございます。

掃き掃除を行なっている時。
お屋敷を囲む柵の側で猫を見かけました。
初夏の日差しを避ける様に、柵の影で居眠りをしております。

なんと愛らしい姿でございましょう。
目を奪われ、つい手が止まってしまいます。

目を覚ました時、ご飯が目の前にあったら喜ぶかと思いましたが、あいにく持ち合わせがなかったもので。残念です。

いつまでも眺める事ができましたが、そういうわけにはいきません。

居眠りの邪魔をしたくなかったですし、後ろ髪を引かれながら執務に戻りました。

癒されました。
Filed under: 瑞沢 — 22:00