桜といえば

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございますか?
日比野でございます。

桜が美しい季節となって参りました。
お花見にでも行ってお団子でもいただきとうございます。

花見団子は日本の四季を表すそうですよ。

ピンクは桜で春
白は雪で冬
緑は新緑の夏を

おいおいお前さん、それじゃぁ秋が登場していないよ。
そう、飽きが来ないように。

いつの世もダジャレ好きはいらっしゃったようですね。
そう、隈川や司馬のように。

そして桜と聞いて思い浮かべるものといえば

馬刺しでございますね。
馬肉は「桜肉」ともいわれており、その由来は諸説ございまして。

肉が桜色だから説!
桜の咲く季節が美味しいだから説!
江戸時代には獣肉を食べることが禁じられていて、「馬」を「桜」に置き換えてよんでいた説!

などなど。
馬だけではなく、
「猪」には「牡丹(ぼたん)」
「鹿」には「紅葉(もみじ)」
という別名もございます。

嗚呼

桜肉のお話をしていたら馬たちに会いたくなってまいりました。

え、いやいやそんなそんな
ただ可愛がりたくなってきただけですよ。

馬小屋に着いたら馬たちがすり寄ってきてくれました。


決してなつかれているわけではなく
この子は私が持つ人参が目当てなのです。

しかもこの人参はそんじょそこらの人参ではありません
天下の「雪の下人参」様

見つめあう、馬と日比野。

馬「...じゅるり。」
日比野「...じゅるり。」

仲良くしようじゃないか。

こんな朝から
オレンジの切り身を
物欲しそうに見つめる

君の名は、、、

今日からシャケだ。

Filed under: 日比野 — 22:00