サッカーの起源 PART2

ご機嫌麗しゅうお嬢様。
千種でございます。
段々と冬の寒さが厳しくなって参りましたね。



この度の日誌は前回同様に私の好きなサッカー(フットボール)の起源のもう1つについてお話しさせて頂きとうごさいます。
前回は中国起源説をお話しさせて頂きましたので今回はイギリス説をお話しさせて頂きます。

ただ今の公式の説とされているのは中国起源説でございますが、私は、イギリス説の方が好みでございます。

少々残酷なお話になりますがお許しください。
イギリスのサッカーの起源はイングランドとヴァイキングの戦いに勝利したイングランドがその勝利を祝うためにヴァイキングの王の御首級を町中で蹴り回ったことがいつしかボールに変わりそれを町と町の端にゴールを作ったことからでございます。

残酷な様ではございますが、こちらの方が私と致しましては、サッカーにある熱さを説明できる気が致します。

簡単にではございましたが、ご覧に頂きありがとうございました。
Filed under: 千種 — 22:00