ポーの一族

9月になりました。例年ですと夏の終わりはどこか寂しく、少しだけ
アンニュイな気分になるのですが、長い梅雨、ひどい酷暑。そして、
凄い雨と目まぐるしかった今年の夏は、そんな気分になれません。

一刻も早く、蒸し暑さから解放され、爽やかな秋の気候になることを
願っているのですが、まだ先のようですね。健やかなお嬢様方を見習
って、元気に季節の変わり目を乗り切りたいものです 。

さて、今ここに一冊の雑誌があります。少女マンガ家、萩尾望都さん
の画業50周年記念大特集と銘打たれた、芸術新潮7月号です。少し前
に書店で見かけ、気になって購入していたものです。

今を去ること40数年前、学校の女性の先輩から、これは是非お勧めだ
から、少女漫画だと馬鹿にしないで、一度読んで見てと『ポーの一族』
の単行本を渡されました。一読して驚きました。

物語のスケールの大きさ、展開の面白さ、魅力的な登場人物、そして
大胆で繊細、美しく華麗な絵とコマ割・ページ構成の妙! マンガで
ここまで表現出来るなんてと、感嘆したことを思い出します。

雑誌によると、5月から8月まで大英博物館で開催された、国外では
過去最大の「Mangaマンガ」展は『鉄腕アトム』『ポーの一族』 『ド
ラゴンボール』『バガボンド』『ONEPIECE』が展示されました。

海外でも人気の『ポーの一族』。渡英した萩尾先生はロンドン市内で
関連イベントが開かれ、熱心な質問攻めにあわれたようです。日本で
も「ポーの一族展」や「SF原画展」が各地で行われているようです。

また、2017年に『ポーの一族』の新作が出ていたことを、この雑誌で
知りました。いい機会なので、久しぶりに読んでみようと思っていま
す。それにしても、早く涼しくならないかなぁ。
Filed under: 嘉島 — 22:00