お寿司を食べていたら・・・

お嬢様、お坊ちゃま
ご機嫌麗しゅうございますか?
日比野でございます。

私は暑い季節になると食べたくなるものがございます。
そう、お寿司でございます。

一番好きな寿司ネタは?
と聞かれれば迷わず「鯛」と答えます。
寿司でも、煮つけでも、焼きでも、お味噌汁でも何でも美味しい鯛。

私の決まったルーティーンとしては
まず御椀物としてお味噌汁を(海老だしのものが理想)
その後に鯛の握り、えんがわ、つぶ貝・・
途中で中トロなどを経由して贅沢をしつつ
片手には瓶ラムネを1本

幼いころは両親の顔色をうかがいながら30皿ほど頂いたものですが
近頃は6皿を過ぎたくらいで満腹がやってまいります。
きっとお腹よりも先に心が満たされてしまうからでしょう。

しかしながら
幼いころから変わらない点がひとつだけございます。
それは、、たまごの握りでしめること!

もちろん甘味ということであれば、現代的にプリンやケーキなどでもよいのですが
んーー、これはお嬢様にご理解いただけるかどうか
お口の中を寿司の余韻で終わらせたいのであります。
でも甘いものが食べたいのです。

そして辿り着いたのがしめはたまごの握り大作戦なのです。

ですが先日ふらっと立ち寄った寿司屋の最後
私は衝撃的な光景を目の当たりにしたのです。

さてご覧下さいませ。


お、お米さんが、、、!!
未だかつてこんなにもお米さんが肩身狭そうにしているのを見たことはありません。
いやむしろこのサイズの厚焼き玉子ならお米さんはいらないのでは?!

とっても美味しゅうございました。
お嬢様やお坊ちゃまもお好きな寿司ネタなどあればぜひお聞かせくださいませ。
ティーサロンにてお待ちしております。
Filed under: 日比野 — 22:00