にごりえ

花屋さんの店先や、街中で紫陽花が美しく咲いています。新緑の季節
から梅雨へと、季節が変わってまいりました。雨にも負けず、お嬢様
方にはお元気でご活躍のことと存じ上げます。

お天気さえ良ければいつでも上機嫌。そんな単純な嘉島は、雨が苦手
です。この季節はお屋敷のお勤め以外はインドアに徹しようとと、手
に入れたものの未読の本や、観ていないDVDを楽しんでおります。

本日は、今回観たDVDの中でも珍しい映画がありましたので、ご紹介
したいと思います。例によって古い作品です。お許しください。昭和
28年公開の今井正監督作品『にごりえ』です。

この映画は、もうすぐ変わるそうですが、5千円札でお馴染みの明治
の女流作家、樋口一葉の短編小説「十三夜」「大つごもり」「にごり
え」をオムニバス形式で映画化された作品です。

明治期の市井の片隅に生きた女性たちの苦悩と哀しみを切々と描き、
キネマ旬報ベストテン1位、ブルーリボン賞作品賞、毎日映画コンク
ール大賞、監督賞、そして杉村春子さんが助演女優賞を受賞しました。

確かに杉村春子さんの演技は現在観ても色褪せず、色々な映画の杉村
さんを観てまいりましたが、一、二を争う名演技だと思います。貧し
さを生きるということはどういうことなのか、見事に体現しています。

そう、この映画は文学座が製作しました。淡島千景、久我美子、山村
聰のお三方以外はワンシーンの出演に到るまで、文学座の俳優が出演
しています。色々な方の若い姿を観て楽しみました。

そして先日、同じ今井正監督で昭和24年公開の大ヒット作『青い山脈』
でデビューした杉洋子さんの訃報が届きました。合掌。主題歌ととも
に一世を風靡し、昭和に次々とリメイクされた青春映画の傑作です。

当然、嘉島はオリジナルはリアルタイムでは観ていませんが、若い頃
はテレビの深夜映画で、その後にDVDで鑑賞し、面白くて感銘を受け
ました。だんだんと昭和が遠くなっていくように感じます。

Filed under: 嘉島 — 22:00