アラビアンナイト

アラジン

今話題の作品ですね。
おそらく約20年前に公開された長編アニメーションをご覧なったかたも多いのではないでしょうか。
私にとってもお気に入りの作品のひとつです。


現代社会においては古い考えで少々恥ずかしいのですが、プリンセスに焦点を当てた作品が多いなか、当時の私にとってアラジンは心から共感できる主人公で「男性のためのディズニー映画」だと映りました。


ただ、今思えば、女性向け男性向けという枠組みは記号でしかなく、恋する人間であれば誰にでも起こりうる心の揺らぎでございますね。



愛する人に自分を大きく見せたい。自分だけをみて欲しい。
才覚にあふれ機知に富み、ユーモラスで、このひとの隣ならいつも笑顔でいられると感じてほしい。
弱味を見せず、強く頼れる人間でありたい。

本当の自分をさらけ出すのはとても勇気がいります。それが好意を寄せる相手なら尚更でしょう。



「僕を信じろ!」と手をさしのべる瞬間のアラジンはどちらのシーンでも心はきっと本当の自分であったのでしょう。




もしお嬢様の前に素敵な男性がいたなら、
きっと彼も余裕のある表情の下で、心は落ち着かず、入念な下準備の上で必死に自分を格好よく見せようとお嬢様の前にたっているはずです。
是非、優しい笑顔をむけて安心させてあげてください。


ファミリー向けのライトな映画ではございますが、足を運んでみてはいかがでしょう。

Filed under: 大河内 — 22:00