蠱惑的な食物

ご機嫌麗しゅうございます。高垣でございます。


さて巷では長いお休みがあったようですが、お嬢様方はいかがお過ごしでしょうか。

私でございますか?私はまだまだ未熟な身の故、己の給仕を磨いておりました。――なにやら訝しげな表情をしておられますね…?


さて、そんな日々の中でささやかな自分へのご褒美として私は好きなものを食べておりました。


私は嫌いな食べ物が基本的にないのが取り柄でございますが、好きなものもあまりございません。ですが“らあめん”には無性に惹かれております。他にも甘いものなども好きなのですが今回は
らあめん の魅力をお伝え致しましょう。


醤油、味噌、塩などなど らあめん
は様々な多様性を魅せる面妖な食物でございますが、私はその中でも特に豚骨がお気に入りでございます。とろりとした濃厚なスープ、そしてスープを纏う細麺。

そこに合わせるのは高菜――豚骨のこってり感に高菜のピリリとした刺激と歯触りを合わせることで生まれる調和…まさに至極の一品。


いけません…危うく戻ってこれなくなるところでございました。

(さっそく食堂のおじさんに高菜マシマシでお願いして参りましょうかね。)


私は急用を思い出しましたので、これにて失礼致します。では。
Filed under: 高垣 — 22:00