ここはサバンナ。

この度は幾分庶民的で他愛ないおはなしかと存じますがこれもひとつ社会勉強の一助として、

お暇な時間のお供にでも、と存じます。

それは
春夏にむけて、お屋敷の衣裳部屋に加わるお品の確認や早くも秋冬の衣装の打ち合わせの為
お屋敷の外へ伺った際の事でございます。
以前に大河内が日誌にて認めておりましたお財布のおはなしに関連いたしますが
電子化の波でしょうか、かような広告を目にいたしました。

とある飲料を電子決済すると価格の三分の一相当にあたるポイントが付与されるといったようなキャンペーンだそうで、
はあ、たしかにお得だなあ、などとぼんやりと存じましたが、よくよく考えてみると

金額にすると50円程。でしょうか

日々重ねると中々の金額になるかも存じませんが普段購入しているものが奇遇にそういったキャンペーンをしているならいざ知らず
言い換えるならいわば自らの選択権を50円と引き換えに放棄することとこれは同義なのでは、と存じました。
見渡してみると案外、巷にはかように類似した件はよく見られるのですが

私はおそろしいことに感じました、
あるいは歳のせいなのかも知れませんが。

いつの時代にもございましたでしょうが
知らず知らずのうちに与えられた選択肢から選択する事しかできないという状況に置かれかねないという事が。でございます。

ここはコンクリートジャングル。
あるいは資本的サバンナ。
これほどまでに発展したように見える文明にも
あるいはだからこそ、
弱肉強食、野生の掟を感じます。

あな恐ろしや。

ところでこの度パンケーキをご用意させていただくおゆるしを頂戴いたしました。
シャンティには練乳をお入れして
軽くメープルをおかけしたパンケーキに添えてございます。
甘さやホイップの重さのバランスを調整いたしまして、パンケーキのしっとりした食感やメープルの香りなど。
自信をもってご提供させていただけるようなご用意に仕上がったことと存じてございます。

気が向かれましたら、是非お召し上がりいただきたく存じます。

俗世の見栄や思惑から解放された自由意思によって得られる穏やかな憩いのひと時を感じていただけるかと存じてございます。
いかがでしょう。
Filed under: 園田 — 22:00