胡桃沢でございます

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。






熱い熱い
春の選抜が終わり
そしてそして
プロ野球開幕致しましたね。
春でございます。







そうです。
本日はいつもの
四季の美しさに酔い
和歌に酔う
胡桃沢ではありません。







生粋の野球少年時代を
思い出し熱くなってる
胡桃沢でございます。
(坊主にしたことはございません)





私はずっと
キャッチャーという
ポジションをやっていたのですが
チームメイトのみんなと
反対の方向を見て
指示をだしているのが
かっこいい!
と幼心に感じた覚えがあります。






キャッチャーというポジションは
すごくすごく
観察力と先を読む力と
なによりも気遣いが大切な
ポジションでございます。



カウントとリード。
相方である
ピッチャーのことや
守ってるチームメイトの
守備位置やモチベーション。
監督の指示。
相手バッターの調子やくせや
モチベーション
相手ランナーの動き。
そして相手の監督の表情。





こんなに野球の楽しいところが
詰まってるポジションはございません。





こんなに楽しい場所は
誰にも譲らない。と
身体が小さいながら
長い髪をなびかせながら
日焼け止めを塗りたくりながら
指示すること意外は
あんまり声を出す事はなく
気合いというものを
そこまで見せずに
いつもユニフォームは綺麗なまま
涼しい顔で
マスクを被っておりました。




ちくちくと
色んな方面からの指摘は
多々ございましたが。。





ですがこれも
私のこだわりと
ブランディング。






大事な大会の
ここぞという時に
大きい声で鼓舞する。
ヘッドスライディングをして
ユニフォームを汚して
気合いを見せる。





日頃
こだわってこだわって
こだわりを貫いてる人が
チームのために
勝利のために
こだわりを捨てる。
あいつが
あそこまでやってるんだ!
勝ちたいんだ!!
自分達もやらなきゃ!!
やるぞ!!!!!!
と人々の心が盛り上がるのでございます。










これを私は計算でやっていたので
だめなんでございますけど。笑




こだわりは
こだわり続ければ個性になります。
個性はきっと
邪魔になる時もあるでしょう。
ですが必ず武器になります。



お嬢様も
素敵な個性を大切にして下さいませね。
Filed under: 胡桃沢 — 12:00