あの春の雲を

春らしさを感じる暖かな日差しの入る使用人寮の窓際から失礼致します。
つい先日、実家から大量の新鮮な卵と共に「春だから」と不可解な文章が寮に届きました。
どうみても消費しきれません。
櫛方でございます。

もとより食べることが大好きな私でございますが、
今回はその卵を使いまして、料理研究の一環としてこのような料理を作らせていただきました。

遠目で見ると一見普通の目玉焼きですが…
ふわっふわ仕様の目玉焼きでございます。

せっかくですので、簡単ではございますが作り方を。



では、寮のキッチンを少々お借り致しまして…

作り方はいたって簡単で、
・まず卵を卵黄と白身に分ける
・白身をツノが立つメレンゲ状にまで泡立てる
・フライパンにオリーブオイルを薄く引きメレンゲを盛る
・盛ったメレンゲの中央を窪ませて卵黄をそっと乗せる
・蓋をして弱火で1分少々
・火が通ったら仕上げにオーブンで軽く焦げ目をつける

…できました、完成でございます。
(泡立てただけ…なんておっしゃらないで下さいね!)
トーストやマフィンに乗せていただいてももちろん、
メレンゲにチーズや野菜やハムなどを入れて焼いてもとても美味しく、
簡単にアレンジも効く一品でございます。

海外では「エッグ・イン・クラウド」と呼ばれているそうで、
確かにその姿は春の青空に浮かぶ、雲と太陽のよう。
食感もまさにそれでいつもとは一味違う目玉焼きでございますね。

春も本格的になってまいります。
新しい気持ちを装いたくなるこの季節に少々早く起きた朝は、
このようなちょっぴり優雅な朝食などいかがでございましょう。
今度サロンにて、お嬢様のお好きなお料理などお聞かせ下さいね。

…そういえば、先程からキッチンの入り口から視線を感じております。
一体、誰なんでしょうか!


櫛方
Filed under: 櫛方 — 22:00