Flower

この日誌がお嬢様の眼に触れるころには心地よく晴れた春の青空の元思いっきり深呼吸できていることをねがっております。


いやはや花粉が厳しい毎日でございますね。


私も特にここ5年程、一人前の花粉症として生活しているのですが
この期に及んでも新しい発見があるところが忌々しいものでございます。


先日も大雨の中外出しておりまして、気温も真冬並み、
経験上この天気ならさすがに大丈夫だろうと油断しておりましたところ
ひどい一日となってしまいました。

風邪だろうとおもったのですが、目の痒さと肌が焼けるような感覚はかなり重いパターンの症状でした。
きっとその時の体調などもあったのでしょう。難しいものでございます。
ちなみにその大雨の後、むしろかなりきつくなりそうな日に全く問題がなかったのでそれもまた不思議でございますね。


お嬢様には同じ苦しみを感じてほしくございません。
もはや草一本はえない砂漠か海の上でカクテルを飲みながら過ごすのはいかがでございましょう。
勿論私もお供いたします!
Filed under: 大河内 — 13:00