残されるのはいつだって

お嬢様方ご機嫌麗しゅうございます、緑川でございます


春は出会い、そして別れの季節…


私も少しセンチメンタルな気分でございます


いつだって寂しいのは残される方


世の常でございますね


さて、お嬢様方はなぜ使用人とのお別れがあるかご存知ですか?











そうですね、お外の世界で大切な人とのお別れが来ても、ちゃんと受け止められるようになるためでございます


お屋敷はもちろんくつろいでいただくご自宅でございます


そしてその中にはナイフやフォークさばきの練習・きちんとお食事会のお時間を守っていただく練習・お金を扱う練習…


様々なものがございますね


お別れの練習もお外の世界で頑張るためのその一環でございます


別れを経た方はそれだけたくましく、成長していくものだと存じております


ただやはり別れは辛いもの


しかし私はお嬢様方の寂しそうな表情をあまり見とうございません


…ということでお嬢様方の方が冷静になれるよう、私がとても寂しそうな顔をしておきますので励ましていただきましょう


いわゆる「お外の世界や社会勉強先で悲しそうな人がいたら励ましてあげる練習」を緑川相手に実践していただきましょうか


私、意外と評価厳しいので頑張って下さいませね!?


ではではまたティーサロンにて…


緑川
Filed under: 緑川 — 21:50