葡萄を嗜む

お嬢様、おぼっちゃまご機嫌麗しゅうございます。
洲崎でございます。

実は私、最近とてもワインに入り浸っております。
これもお屋敷にワインが好きな使用人が多い影響でございますね。
せっかくでございます、私が最近頂いたワインをご紹介したいと存じます。

「Ricossa Antica Casa Piemonte Barbera Apassimento 2016」


こちらはイタリアの「RICOSSA Antica casa」というワイナリーで作られましたワインでございます。
イタリア北部にございますピエモンテ州で多く作られておりますBerberaという品種のブドウをアパッシメントして作られたワインでございます。
アパッシメント(Appasimento)とは数ヶ月陰干しし、水分を抜いて果汁を凝縮させる製法のことを指します。
さらに品種や製法を厳密に決まっているものをアマローネ(Amarone)と申します。
(ここまで全てこのワインを買ったショップソムリエの方から教わったこと丸写しでございます)
私が以前お屋敷のセラーで見かけた
「MASI CAMPOFIORIN」に使われているリパッソ製法もアマローネが深く関わっておりますね。

風の噂で耳にしましたが、このBerberaをアパッシメントするのは珍しいらしいようでございますよ。
アマローネですとやはり製法が徹底されておりますので価格も上がってしまうようでございますが、アパッシメントである故、製法が自由な分、価格もロープライスなのでしょう。
懐がライトボディな私にはぴったりでございました。

こちらのワインはフルボディらしさを感じる重厚感の中に干しブドウから作ってるワインだからこそ感じる黒系果実のような甘味などが感じられました。
とてもチョコレートと相性の良いワインでございました!


そしてもう一本ございまして。
「Luce della Vite LUCENTE 2015」

こちらはスーパータスカンである「LUCE」のセカンドワイン。
「LUCE」と同じ畑のブドウを使用し、熟成期間を「LUCE」の半分に抑えることで果実本来のフレッシュさと甘味を楽しめる1品でございます。
スーパータスカンとは中部イタリアのトスカーナ州で造られているワインのことを指しますが、詳しく説明致しますと複雑になってしまいますので、わかりやすく申し上げますととてつもなく美味しいワインとでも捉えていただければ。

トスカーナ州といえばメルローやカベルネ・ソーヴィニヨンなどが有名でございますね。
こちらのワインはモンタルチーノのサンジョベーゼとメルローをブレンドいたしましたワインでございます。
ワインに詳しい方ならご存知でしょう、フレスコバルディと「オーパス・ワン」で成功を収めたロバートモンダヴィの共同開発のワインでございます。
これだけ素晴らしい条件の揃ったワインでございますから私の中での期待値は今年1番でございます。

それでは早速いただきます。
口に含むと上品なイチゴや黒系果実のような甘くも酸味のあるフレッシュな香りがいたします。
そしてサンジョベーゼのタンニンを感じられます(なおこの一文は受け売りでございます)
舌触りはとても滑らかでフルボディの中でもミディアム寄りのバランスの良いワインと私は感じました。
残る余韻はしつこくなく優雅さをもたらしてくれます。
オークの香りや土の香りがいたしますしエレガントな酸味が私を幸せな気持ちへと導いてくれます…これが幸せ………
嗚呼、「LUCENTE」がこんなに美味しいのであればファーストラベルの「LUCE」は一体どれだけのものなのでしょうか……
飲んでしまったら最期、しばらく幸福感に溺れてしまい給仕もままならないかもしれませんね!!

親族の誕生日のお祝いとしてお持ち致しましたワインでございましたがかなりの高評価を頂きました。
ワインについて勉強を始めたばかりですが、このワインは本当に美味しいと明言できます。
もしお見かけ致しましたら手に取ってみてはいかがでしょうか!
Filed under: 洲崎 — 14:00