そんな美術展いかがでしょう。

お嬢様、ご機嫌麗しゅうございます。

瑞沢でございます。


お給仕をさせていただく様になって、自分ではあまりいただかない紅茶の種類に触れる機会が増えてまいりました。


ティーカップに紅茶を注ぐと、個性豊かな水色の違いに魅せられます。深い琥珀色やオレンジ、紅色に淡い透き通る黄色などです。

紅茶を注がれたティーカップは、完成された美術品の様に感じます。



ティーカップの美術展。そんな展示会も楽しいかもしれません。



これからもお嬢様にお寛ぎの空間としてティータイムを過ごしていただけるよう精進致します。
Filed under: 瑞沢 — 16:40