海の動物との戯れ

お嬢様、おぼっちゃまご機嫌麗しゅうございます。
洲崎でございます。
私、頂いた休みを利用して水族館に行ってまいりました。

天気は曇り空、ぽつりぽつりと小雨が降ってはおりました。
私が出かけるといつも日差しは隠れんぼをしております。
夏場だと日焼け対策に洲崎が使えますね。

水族館ですので基本的には暗い室内での撮影でございました。
ですが私、暗い場所での撮影がとてもとても苦手でございまして…
恐らく周りのお客様からすると怪しい男でしたでしょう、独りでブツブツと小言を呟きながら水槽にべったり張り付いて写真を撮る男。
そのべったりと張り付いて撮ったペンギンさんがこちらでございます。








このクオリティならペンギン好きの某使用人も満足してくれるのではないでしょうか?

そして近くの水槽にはホッキョクグマさんがいらっしゃいました。
私が幼少の頃、お散歩をしていると野生のクマさんと遭遇したこともございます。
もちろんそれはホッキョクグマではなくヒグマですが…。
クマさんのように顔の輪郭がハッキリとしたものは正面より横顔のほうが好みでございます。




なんだか物憂げな表情を浮かべておりますね。
頬杖をついているようにも見えますがこの後横になってぐっすり寝ておりましたので大した悩み事ではないのでしょう、お腹がすいたとかその程度だと思いますよきっと。


そして順路を辿っていくと屋外と繋がっている水槽がございました。
様々な海洋生物がおりましたが一際目立っていたのはこのウミガメさんでしょう。




目が半目のように見えますがこういう目だったんです。
他にも数匹いましたが、皆さん同じような顔をしていらっしゃいましたのできっとそうなんです。
カメラを構えていると撮るなと言わんばかりに水槽をペちペちと叩いておりましたがそんな所も可愛いらしいですね。

そして屋外に出ますとキューーキューーと鳴き声が聞こえて参りました。
どこから鳴っているのだろう?と思い辺りを探しますとなにかが頭上を走り抜けていきました。
その走りすぎた方向へ歩みを進めますとそこには可愛らしいカワウソさんがいらっしゃるではないですか。




この水族館ではカワウソさんと握手ができるとのことでさせていただきましたがふにふにした手の感触がとても癒し効果をもたらしておりました。

その後改めて頭上のカワウソさん専用通路を見てみるとなんとカワウソさんが寝ているではありませんか…
注意書きは「指を中まで入れずにおさわり下さい」とのこと。
せっかくですから腕を伸ばしカワウソさんのお腹を撫でさせていただきます。


すりすり…ふにふに……


私はこの似た触感を知っております。
ハムスターのおなかに近い触感でございます。
10倍大きければ枕にしたいそんな触り心地でございます。
お屋敷で飼えませんか…?


その後夜間にしか行われていないイルカショーを観覧しました。
プロジェクションマッピングを使用したショーで、煌びやかな映像と可憐な音楽と共にイルカが舞う素晴らしいショーでございました。
これは写真がございません。
是非ご自身の目で見て頂きたい作品です。

観覧後はお屋敷に帰って参り、余韻に浸りながら写真を見返しておりました。
気が付いたらそのまま眠っておりました。
なんだか童心に返った気分で良い気分転換でございました。

次はどこへ行きましょうか?
Filed under: 洲崎 — 12:22