魔法の研究

お嬢様、お坊っちゃま
ご機嫌麗しゅうございますか?
日比野でございます。

私は元サーカス団の道化師。
当時はステージでマジックを披露する機会もございましたので、魔法の世界には些か関心がございます。

昔からひとりコツコツと続けている趣味それこそ「魔法の研究」

魔法とはなんでしょう。
それは不思議で怪しくて、科学では説明できない神秘的な何か。

魔法を英訳するとマジック。
ですがマジックと聞くと、種や仕掛けを用いて不思議な現象を起こす手品がまず頭に浮かびます。

方法が分からない=不思議=魔法
方法を知ってる=不思議ではない=科学、物理学

例えばテーブルの上にあるティーカップがふわっと宙に浮き始めたらいかがでしょう?

・実は手品。見えない糸で引っ張られている。
・重力を自由に操る技術が存在する。
・心霊現象(ポルターガイスト)
・自分の超能力が目覚めた。
・疲れて頭がおかしくなった。
・ありえない、これは夢である。

などの可能性が考えられますが、結局のところ
それが何故浮いたのか推測は出来ても断定はできないわけでございます。

極論を申し上げますと、理解していない現象はもはや魔法と言って良いのかと。

普段手にしている携帯電話。
様々な技術で加工をされた金属に電気を流すと画面が光り、遠くの方と話などできる装置…

これを魔法道具だと思う方はほとんどいませんね。ですが電気とはなにか、チップやメモリーの正体を本当に理解して使っている方もほとんどいないのです。

携帯電話を200年前の方に見せたら魔法だ!と思われるでしょうし、200年先の誰もが携帯電話で物を浮かせられる世界で、手品としてティーカップ浮かせたとしてもそれは魔法ではなく科学だということになるのでしょう。

我々人間はあらゆる物事の正体を本当の意味で理解しないまま、教科書に載っているであるとか、偶然自分で手に入れたからといった理由だけで、そのそれらしい少ない情報を愚かにも【そういうものだ】と信じ受け入れてしまいます。

お嬢様、お坊っちゃま
勉強するというのは知っているが増えることではなく、自分の知らないことが世界にはまだまだ沢山あるというのを知ることなのです。

この世界は不思議な魔法で溢れています。ですが答えのない難問はございません。

これからもティーサロンで様々な魔法を一緒に解き明かして参りましょう。


とはいえ科学が進歩した現代でも魔法の世界観というのは存在している訳で…
この話はまた次の機会に!

日比野
Filed under: 日比野 — 14:50