黒崎の抱負

お嬢様にとって、忘れられない日というものはございますか。

きっと楽しい思い出や過去の思い出を、大切にとっておられることでございましょう。

ここでもう一つお伺いしますが、

忘れたくなかったのに、

忘れてしまった日はございますか。

これを問うのは些か愚問ではございますね。

忘れたくなかったけど忘れてしまったのなら、忘れたことすら忘れてしまっているでしょうから。

何だか早口言葉みたいになってしまいました。

記憶とは儚いもので、楽しかったことも悲しかったことも、時間が経てばどうしても色褪せてしまうものです。

そして、いつか忘れたことにすら気づかなくなっていく。

だからこそ、日誌を書くことは大切なのだと改めて思いました。

お嬢様と過ごした素敵な思い出を、

あの時の感動を、

いつかの悔しさを、

忘れたくない仲間達を、

大切に取っておくために、

これからも日誌を綴っていくと致しましょう。


黒崎
Filed under: 黒崎 — 18:00