三年越し

先日、三年ほど前に購入し少しずつ読んでいた文庫本を読み終えました。

その間に幾つか本は読んでおりましたので、
そちらの長くはない一冊だけを読み終えるのに三年を要した訳では流石にないのですが。
それにしたところで随分と、時間が経ったな、というようにも存じます。

、と申しますのも読み終えた際に巻末の1ページ前にレシートが挟まっており、

それは時間の経った今ではまったく(本のどの頁のどの展開より)予想外であったのですが
購入した場所や日付などが記載されておりますので当時の自分の様子が殊の外思い出されまして、
記憶を直接詰め込んだタイムカプセルを開けたような気分でございました。
ちょうどトレーサビリティの重要性を意識しはじめたような時期だったようにも思い出されるので、
今でもお気に入りのお菓子でしたりをいただいた際には名前と製造元のわかるラベルなどを保管するようにはしておりますが、いま一度心がけを新たにするよいきっかけかと存じた次第でございます。

このように自分の人生に自分のわかる足跡のようなものを残しておくとあながち目に触れて思い返す折に発見があるかもしれません。

ちなみに細かいことですがレシートが巻末ではなくその1ページ前に挟まってた理由は

私が新書を購入する際に初版を求める質で初版の文字のある巻末のページは自分にとって意味のあるページなのでインクなどで汚れる危惧のない万全な状態にする意図の為でございましょう。
人間、変わるようでいて変わらないものでございます。
Filed under: 園田 — 16:26