平成最後のお正月

お天気に恵まれた平成最後のお正月。お嬢様方にはいかがお過ごしで
したでしょうか。おかげさまで、嘉島は久しぶりにゆったりとしたお
正月を過ごさせていただきました。

元日には、20代から80代まで、30人以上の友人が集まる、毎年恒例に
なっている先輩宅での新年のパーティーがあり、参加するために地方
から戻ってくる友人もいて、かけがえのないひと時を過ごしました。

嘉島の年齢になると友や先輩たちの元気な姿が、なによりも嬉しいの
です。毎年のことですが、居心地が良く、ペントハウスからの素晴ら
しい夜景も手伝って、ついつい深夜遅くまで楽しんでしまいました。

そして、二日はゆったりと我が家で過ごしました。思う存分寝坊して、
おせちとお雑煮をいただき、年末に入手した CD を聴きながら、年賀
状に目を通し、返事を書きました。お正月らしい一日でした。

ちなみに、その時のCD はマイケル・ブーブレの最新盤と、ロイヤル・
フィルハーモニー管弦楽団の演奏で新たに甦った、カーペンターズと
エルヴィス・プレスリーの3枚です。

マイケル・ブーブレの新作はラブ・ソングの決定盤としてお薦めです。
そして、カーペンターズとプレスリーの方は技術の勝利で、こんな事
ができるんだぁ!と驚き、また、懐かしくもあり、堪能しました。

三日は、もう空いてるだろうと、近くの明治神宮へ初詣に行きました。
歩いて、北参道の方から入っていったのですが、表参道からの参拝客
と合流するあたりから、混んできました。

それでも豊かな自然を感じさせる、内苑の樹々によるものか、一定の
静寂を保ち、清々しい気分のままお参りすることができました。神宮
の森は人工的に作られたというから驚きです。

嘉島のお正月の模様でした。 最後に、新年がお嬢様方に取りまして
素晴らしい一年でありますよう、お祈りいたしますとともに、本年も
どうぞよろしくお願い申し上げます。
Filed under: 嘉島 — 13:00