黄葉とイルミネーション

銀杏の黄葉と、クリスマスのイルミネーションがこんなにも重なった
12月は初めてのような気がします。両方とも大好物な嘉島はチャンス
を作っては都内の名所に出没しております。

絵画館前の銀杏並木も見てまいりました。人の多さには驚きましたが、
やはり美しく、素敵でした。若い頃、近くに通っていた鹿島は、当時
のことを思い返しながら、黄葉の中を散策しました。

桜の季節になると、こんなに桜の木があったのかと感じますが、銀杏
も同じですね。都の木に制定されているだけあって、本数も多いよう
です。黄葉は時差があるようなので、もう少し楽しめそうです。

クリスマスのイルミネーションも本当に増えました。確か90年代初め
だったと思います。今では定番中の定番の、表参道の欅並木が最初に
点灯した時の感動は、忘れられません。

偶然、近くの店へ晩ご飯を食べようと行ったところ、表参道の並木が
イルミネーションで光り輝き、延々と続いていたのです。夢のようで
した! 全く知らなかったので、本当に驚きました。

今は樹木の保護のため、電球を枝の先まで取り付けませんが、当時は
先端まで全て飾られていたため、より華やかで豪華だったと思います。
日本も豊かになったんだなぁと実感したものです。

今年は、冬の花見と銘打った目黒川のピンク色や、青の洞窟がイメー
ジの代々木公園の青い光と、バリエーションも増えましたが、鹿島の
お気に入りは昨年に続き、丸の内の中通りのイルミネーションです。

大きな並木の通りではありませんが、微かに差のある白い色と黄色の
二色の細かい電球がかもし出すシャンパンのような色合いは、とても
洗練されていて素敵です。近くに行きましたら、ぜひ!
Filed under: 嘉島 — 12:30