命日

お嬢様、12月16日は私の愛車であった「86」の命日でございます。
なんとも言えない突然の別れでございましたが私の人生にとって、なくてはならない経験でございました。

毎年この時期になりますと忘れぬようにと戒めにこの日誌を綴っております。

また、12月は交通事故が多くなる時期でございますのでお気をつけ下さいませ。

また明日は私と能見のエクストラティー「キャロル」の提供日でございます。
心温まるクリスマスにぴったりの紅茶をご用意致しましたのでお楽しみ下さいませ。


では私は執務に戻ります。




今月の19日は私にとって特別な日でございます。このお屋敷にお仕えし、フットマンとして最初に認めていただいた日でございます。
あっという間に5年が経ち、明日からは6年目でございます。


様々な出逢いや別れがございました。
使用人としての考え方、理想を教えて下さった方もおりました。
共に切磋琢磨して、歩んで行きたいものもおりました。そしてこれからも出逢いや別れが待っている事と存じます。

私はまだまだ未熟者でございます。
仲間達に支えられているからこそ、セカンドスチュワードに任命していただいた事を忘れずに仲間の為に尽力して参ります。


なかなか日頃の感謝の言葉を伝える機会がございませんのでこの場をお借りして仲間達に感謝の言葉を伝えさせていただきます。
こんな私について来てくれてありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。


お嬢様、わがままな私でございますがこれからも支えて下さると幸いでございます。
6年目もよろしくお願い致します。


水瀬
Filed under: 水瀬 — 04:00