ラブ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ

1日 は一の酉。酉の市というと晩秋のイメージですが、実感持てない
ですね。三の酉まである年は寒くなると言われていますが、どうなり
ますか。季節感が変わってきてるようです。

ハロウィンが過ぎ、街は少しづつクリスマスの飾り付けに変わってき
ました。本来ですと嘉島は、晩秋から初冬にかけて空気が澄み、透明
感の増した、この時期の東京が美しく感じられ、好きでした。

しかし、こう暖かいと今年に関しては、嘉島の大好きな東京のベスト
シーズンは初冬ぐらいからになりそうです。しかし気温は高めですが、
それでも晴れた日の空は高くなり、徐々に澄んできているようです。

先日、そんな東京のベストシーズンに聞きたい CD に出会いました。
ジャズ・ヴォーカル界のキング&クイーン、トニー・ベネットとダイ
アナ・クラール共演の『ラブ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ』です。

このデュエット・アルバムはタイトルからも判るように、米国音楽界
の父ジョージ・ガーシュウィンの生誕120周年を祝って、現在も歌い
継がれるスタンダードの名曲が収められています。

世界同時発売で、出たばかりの CD ですが、二人による歌唱、ピアノ
・トリオの演奏ともども、現在のアメリカのエンターテインメント界
の粋が詰まった、芳醇な名盤に仕上がっていると思います。

トニー・ベネット92歳。かつてシナトラが「お金を出して聴きたいの
は、トニーだけだ」と語ったことで有名ですが、現在も第一線で活躍。
最近10年間のアルバム・セールスは1000万枚を超えています。

そして、これまで発表した8作品を全米ジャズ・チャートNo.1に輝か
せているダイアナ・クラール。二人の声は時を重ね、熟成された香り
高いお酒のように酔わせてくれました。

歳を重ねていくいうことも悪くないなあと、嘉島に勇気も与えてくれ
た CD です。ジャズ・ヴォーカルを聴く機会は中々無いと思いますが、
お勧めいたします。

Filed under: 嘉島 — 13:00