ソーダはいます。

ソーダは優秀でございます、
ウイスキーと混ぜるとハイボール
メロンシロップと混ぜるとソーダ水
レモンと混ぜるとラムネ
他にも枚挙に暇のないことと存じます
そしてそれぞれ、素材をしっかり引き立てている点も素晴らしい。
ああ、ソーダになりたい。
ここまででお気付きの向きもあるやもしれませんが

園田、ソーダ。
sonoda,soda.

音に出してみるととても近しうございますね。
sonodaの"no"自体がnoであったならもはや私はsodaなわけで、ともすると私、ほぼソーダといって差し支えないかと存じます

ああ、そうか私は、ソーダだったのだ。

と、しかし。奇しくもアナグラムにするとno,sodaになるわけで
かくして私はソーダではなかったと我に帰りました、

仮に私の名が発音の近い別の名だった日には
危うくこのまま、あるいは今頃、私はソーダになっていたやもしれません。

といった具合で、
ソーダではない園田が考案したグミ入りソーダアイスをこの度、お出しさせていただく運びとなりました。

文頭にて前述した通り、素材を存分に引き立ててくれるソーダをベースのアイスとして用い、
様々なお味のグミを混ぜ込むことにより、一皿で多様なお味をお楽しみいただけるアイスとして仕上がりました。

長文、ならびに私ごとで恐縮ですが今月において私、園田は

サロンでのお給仕をさせていただき1年が経ちます。

奇しくもこういった節目の折に私の考案したアイスをティータイムに添えていただく機会に恵まれたこと、至極僥倖と存じております。
誠にありがとうございます。
Filed under: 園田 — 16:30