19年ぶりに

今年の夏は、東京が亜熱帯になってしまったような、とんでもない暑さ
が続いたり、東から西へと逆走する台風が上陸するなど、ビックリする
ことが続いておりますが、お嬢様方にはいかがお過ごしでしょうか。

それにしても暑いですね!この暑さに負けないよう、嘉島はしっかりと
睡眠を取ることと、美味しく食事をいただくことを心掛けております。
そのお陰でしょうか、どうにか持ちこたえております。

さて、先日嘉島は友人たちが企画したイヴェントに参加するためソウル
に行ってまいりました。4日間の滞在でしたが、イヴェントは1日だけ、
残りの3日間、ソウルの街を楽しんでまいりました。

嘉島の渡航は1999年のパリが最後でしたので、今回19年ぶりです。モノ
レールではなく京急で、新しくなった羽田の国際線ターミナルへ。すっ
かり変わった羽田空港で、嘉島はほとんど浦島太郎状態でした。

そして2時間弱でソウルのインチョン空港へ。話には聞いていましたが、
ハブ空港としての大きさにビックリ。インチョン経由で海外に出かける
人たちがいるということが、よくわかりました。

ソウルの都心部は、東京がここ2、30年で変わったように、とても現代
的で新しかったのですが、大きな市場や、夜になるとズラーッと夜店が
並ぶ通りがあったりと、昔からの街並みも残っていて楽しめました。

今回の宿泊先は盛り場から少し外れ、近くに大統領の住まいもある、静
かな住宅街の中という抜群な環境で、お洒落な店があるなあと思ってい
たら、ガイドブックによると今注目されている地域だったようです。

ちょっとだけ心配していた食事も杞憂でした。同行者のソウルの友人に
連れられていった店や自分たちで開発した店、ホントに美味しかった。
よく言われる焼肉だけが韓国料理ではないことを実感してまいりました。

イヴェント自体も、参加者の中にクラブシーンで世界的に活躍するDJが
いたりと、多様な顔ぶれで楽しく盛り上がり、大盛況に終わりました。
短い期間でしたが、今回嘉島はソウルの街が好きになりました。
Filed under: 嘉島 — 15:30