日誌

どうにも耐え難い暑さが続いておりますがこの日誌がお嬢様の眼に触れる頃には若干でも過ごしやすくなっているのでしょうか。
ほとんど冷房を使わずに過ごせた去年が嘘のようです。




「好きな季節は?」


よく話題に上がる質問ですがお嬢様は夏はお好きですか?
私はきらいです。それは昔から変わりません。やはり秋口くらいからクリスマスにかけての時間が一番輝いていて美し感じます。


ただ、歳を重ねるにつれ夏の記憶の力強さ、鮮烈さに驚かされることが多くなってきたようにも感じます。



酷烈な日差しに現実味がないほどの青空と入道雲。

纏わりつくいやな空気、その中で感じる心地よい木陰やそよ風。

流れる汗、スコールのような大雨。

ヒリヒリと乾いたのどを潤すよく冷えたソーダ水に酒。

夏の頭と終わりでは虫の声も全く違います。

この時聞いた音楽なども含めてどの記憶も強烈なコントラストをもって脳に刻まれております。



そして夏をことさら美しくするのは晩夏の寂寥感でございましょう。
以前も日誌にて申し上げましたがこの時期は一年のなかで最も不安定で、
どこか居心地の悪さを感じながらも興味を惹かれてしまう。
そのような魅力がございます。

夏がきらいなことに変わりはありませんが夏に得た宝物は非常に多い気がいたします。


お嬢様は素敵な夏を過ごされましたか?
もし忙しくて思い出作りどころではなかったとはしても
きっとまだまだ暑さは続きます9月くらいまで夏の思い出として数えられるくらいに……


さすがにそれは嫌ですね。
はやく涼しくなることを願いましょう。
Filed under: 大河内 — 09:59