日誌

この度大旦那様にお許しをいただき私が監修したデザートを一品ご用意することとなりました。



私が依頼したのは
カヌレ、フランス、ボルドーの伝統菓子でございます。


ワインを作る際卵白を大量に使うので、残る卵黄を使った焼き菓子として生まれました。


やはり「ティー」サロンでございます。軽めのデザートよりも
しっかりと紅茶とよく合う焼き菓子にしたいと考えこちらにいたしました。



表面はカリッと、なかはモチっとした食感で、香ばしい香りにバターと卵の濃厚な味わいがございます。


今回はダークラムの香りを生かしたプレーンな味と、チョコレートを生地に練りこんだ二種類のお味をご用意いたします。



大好きなカナリーなどを勧めたいところではあるのですが今回は味や香りがもう少し強めの紅茶のほうが合うかもしれません。

ヴァサンティ、アスカコートノーブル、ヘスティア、メドゥアダラク、リリス、オニキス

あたりがよろしゅうございましょう。
お試しくださいませ。
Filed under: 大河内 — 16:00