古谷でございます

燃えすぎた真夏の太陽は沈みこみ、焦げたような余韻を残すこの季節の空に映るのは十六夜の月。




影伸ばしその面影を照らます。




「天国にいる亡き恋人に捧げられたグラス」






そんな悲劇的な逸話を持ったカクテルをご存知でございますか?






カクテルの名は



「マルガリータ」





作者は米国ロサンゼルスのとあるバーテンダー。


彼は若き日に初恋の女性を狩猟中の流れ弾で亡くしており、メキシコ生まれの彼女をしのび、恋人の故郷のお酒にございますこのテキーラをベースにカクテルを考案しその名前をマルガリータと名付けました。





このカクテルは1949年の全米カクテルコンテストで入選されており、感動を呼ぶエピソードとともに現在においても大変人気のある有名なカクテルとして、お外のBARにおいても定番としてご用意されております。




今宵を照らす既望の月の下。



美しい悲恋のエピソードに想いを馳せ、秋の夜長にグラスを傾け過ごしてみるのもいかがでしょうか?




古谷
Filed under: 古谷 — 21:00