日誌

さて。先月認めたハイボール、覚えておいででございましょうか。

要するところウィスキーのソーダ割りでございますがこちらがシンプルながらとても難しい。

私の師でもある時任をして「最も難しいカクテルの一つ」と言わしめるほどでございます。



ウィスキーの選択やレモンの有無。使うならどのように使うのか。

シンプルな分無駄とも思えるようなこだわりの積み重ねが欠かせないレシピでございます。



その様な中で私が蒙を啓かれたと感じた部分が「ソーダとウィスキーの溶け合い方」でございます。

液体と液体の溶け合い方。これがカクテルには欠かせません。

この「ハイボール」というレシピでしたら「ウィスキー+ソーダ」の味ではなく「ハイボール」という味になっていなければいけません。

特に爽快感、清涼感を求めるようなカクテルですと陥りがちなのですがいかに炭酸を逃がさないようにするか、そればかりに傾倒し

この液体同士の溶け合い方をおろそかにしがちではございます。

加水により増すウィスキーの甘みをいかし炭酸でまろやかにしあげる。時任執事に教わったことがやっとわかって参りました。



話せば長くなりますので割愛いたしますがご興味がございましたら是非お声かけくださいませ。

きっとハイボールを飲みたくなることでございましょう。

Filed under: 大河内 — 21:00