10月メニューにつきまして

 10月になり、少しずつ秋の訪れを感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。シェフの青木でございます。さっそくですが、今月の料理の紹介をしたいと思います。



最初にディナーからオードブルの“ズワイ蟹のマリネ ズッキーニのロールで”を紹介しようと思います。このオードブルはズワイ蟹・パプリカ・玉葱・胡瓜をシェリービネガーのドレッシングで和え、編み込んだズッキーニで巻いたものとなっております。下にひいているソースは海老のソースです。手間暇をかけて仕上げたオードブルとなっておりますので、お楽しみいただけますと幸いです。

次に紹介するのは、これまたディナーからですが“沖縄県産アグー豚フィレ肉のメダイヨン ブルーベリーソース”です。先月のディナーも豚肉でまた今月も豚肉になりますが、頭数が少なく大変希少なアグー豚を入手することが出来ましたので、続けての豚肉とさせていただきました。アグー豚といえば沖縄の豚として有名ですが、アグー豚にも色々なブランドがあるのはご存じでしょうか?それぞれ掛け合わせる品種やエサが違い、沖縄アグー、やんばる島アグー、琉球アグーなどと様々あるのですが、今回はエサに乾燥パイナップルを混ぜ育てた『パイナップルポークアグープレミアム』をご用意させていただきました。肉質がとても柔らかく、ヘルシーなアグー豚となっております。アグー豚を食す貴重な機会になると思いますので、是非ともご賞味くださいませ。

デザートからはMonthly dessertsの“魔女の家”を紹介します。このデザートはチョコレート釜のムース、カボチャのチーズスフレ、ネコとコウモリのクッキー、怪しげなリンゴの4つで構成されています。ネコはココア、コウモリは紫芋のクッキーとなっております。ホームページには2種類のクッキーのように表記しておりますが、それとは別に胡麻のクッキーも盛り込んでおります。カボチャのチーズスフレは南瓜の甘露煮を閉じ込めることにより、南瓜らしさを強調しました。賢明なお嬢様方には想像がつくかもしれませんが、怪しげなリンゴは召し上がっていただき、その真実をお確かめくださいませ。

 最後にお嬢様、お坊ちゃまには大変申し訳ないのですが、今月のディナーの魚料理“青森県産 鱈のムニエル”となっているのですが、仕入れの都合上青森、岩手、北海道などと産地が変わってしまうことがあることをご了承くださいませ。

それではお嬢様、お坊ちゃまのご帰宅を心よりお待ちしております。
Filed under: 青木 — 09:00