今月の料理は夏の代名詞ともいえるものをテーマにお作りしました。先月の日誌では花火大会や祭りなどイベントについてふれましたが、夏と言って思い浮かべるものは何がありますでしょうか?夏といえば、花火、海、ひまわり、BBQとまだまだたくさんあるとおもいます。そんな夏を想わせる題材でデザートプレートは真夏の夜をイメージした“宵風”、ひまわりをイメージした“ひまわり”をご用意させていただきました。私個人の考えになって申し訳ないのですが“宵風”をみた時にノスタルジックな日本の夏の夜を、“ひまわり”では画家のゴッホを思い浮かべました。お嬢様、お坊ちゃまがその皿をみた時に「どのような夏を思い描いていただけたでしょうか?」と、問うてみたいシェフの青木でございます。



 8月のパスタは魚介と大葉の冷製パスタ、夏野菜のトマトパスタ、焼きそば風カレーパスタ、それと先月から引き続きのカルボナーラとレモンパスタになります。その中からおススメの“焼きそば風カレーパスタ”を紹介します。豚肉、エビ、キャベツやしめじなどを具材として使用し、カツオの和風だしをベースにカレーの風味をきかせているパスタでございます。肉・魚・野菜とバランスよく摂れ、カレー粉に含まれているスパイスが熱中症や夏バテ予防にもなりますので、このパスタで暑い夏を乗り切ってくださいませ。
 


 今月のディナーからは“鮃のファルシのフリッター ラタトゥイユを添えて”を紹介したいと思います。バジルオイルとマンゴーソース、それにズッキーニ、パプリカ、玉ねぎなどの夏野菜にチリソースを使いラタトゥイユとして添えております。そしてこの料理のメインとなる鮃のファルシのフリッターですが、これにココナッツの果肉を乾燥させ紐状に細かく切ったものを周りにつけ揚げております。このメニューを考案した当初はカダイフを使い揚げたのですが、ココナッツとの相性がとても素晴らしかったので、この形に仕上げました。



 かいつまんで説明しましたが、今月の料理もお楽しみ頂けましたら幸いです。それではお嬢様、お坊ちゃまのご帰宅を心よりお待ちしております。
Filed under: 青木 — 08:00