皆様、ご機嫌麗しゅう。
吉川でございます。





皆様は、質の良い睡眠を取っておられますか?
私はと申しますと、ここ最近、浅い眠りに悩まされておりました。
原因は、イビキです。
お恥ずかしながら、自分が発するイビキの鳴り始めの「ゴッ」という音によって、目が覚めてしまっていたのです。
これは恐ろしいことです。
幼少時より「死んでいるような寝姿」と形容されてきたほどのスヤスヤ睡眠の私が、イビキなど…。
あまりのショックに、寝ることが苦痛になるほどでした。

しかし、悩んでばかりもいられません!
何とか安眠を取り戻さねば!

イビキの原因を調べてみると、どうやら「就寝時の姿勢」が大切とのこと。
仰向けに寝て、気道がふさがれると、音が鳴るというのです。
試しに、意図的に舌を下げてみると、音が鳴ります。
弁を振るわせて鳴らせる笛などと同じ原理でしょうか。
特に、アルコールが入って舌が弛緩すると、喉の奥で舌が下がって、音が鳴りやすくなるというのです。

これだ!

とりあえず横向きに寝ることを心がけつつ、何かもう一歩進んだ対策を取れないものだろうか。
そこで目に付いたのが、就寝時の姿勢を改善する方法として「枕を替える」というもの。
寝返りが打ちやすいように頭と首の高さを合わせてオーダーメイドしたものを使用していたのですが、そろそろ中綿がヘタってきたのかもしれません。

新しい枕を買おう!

思い立ったが吉日、店頭に見に行きます。
寝具売り場を見てみると、意外と種類が多いこと多いこと。
高さや硬さ、中身の材質の違いによって分類されています。
ひとつひとつ感触を確かめ、気に入った物は実際に寝て試していきます。
その中で「これは!」と思ったのが、二種類の綿を使うことで異なる寝心地が得られ、折りたたむことによって高さを変えたりできる、可変式の枕。
すかさずネットで値段を調べ、店頭とほぼ同価格であることを確認し、ポイントが付くネット通販で購入します。
このあたりは庶民の性ですね、
しかし通販とはいえ、翌日には到着するのですから、便利な世の中になったものです。
到着した枕を確認してみると、以前より高さがあるものの、柔らかい中綿によって頭が沈み込み、かなりの気持ちよさです。

到着から数日、実際に寝てみておりますが、今のところ快適に眠れております。
イビキを録音するスマートフォンのアプリを使ってみても、今のところ録れておりません。
寝付きも目覚めも大変スッキリいたしました。
寝具の大切さを痛感した次第です。

私にもようやく安息の時が訪れたようで、良い年末が迎えられそうです。
Filed under: 吉川 — 23:00