月光が運ぶ闇夜

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様方。
羽瀬でございます。

すっかり秋でございますねぇ、、、
裏山の銀杏や紅葉も色付き始めております。
羽瀬は本日も、落ち葉掃きをし、焼き芋を焼いて、裏山の動物たちと共に食べました!別にサボっているわけではございません!!
よろしければお嬢様方も、裏山で焼き芋なんていかがです?共犯者になりましょう!!

ただいま日誌を認めるお供に、
なんとも秋を思わせる見た目のカクテルを飲んでおります。

折角でございますから、お嬢様方にもレシピを、、、!

使うもの
・ブラックパインリキュール 30ml
・サザンカンフォート 30ml
・ジンジャーエール 適量
・氷(細かいものだと、より美しく出来る)
・レモン(月に見立てるので、輪切りでも1/6カットでも)

①200mlほどの容量があるグラスにブラックパインリキュール30mlを入れる
②氷を入れる
③氷に当てながらゆっくりとサザンカンフォート30ml→ジンジャーエール適量を入れる
④好みでレモンを入れたり、グラスの縁に挿す
完成です!!!

ジンジャーエールの黄金色が月光のようで、サザンカンフォートがグラデーションを成し、ブラックパインリキュールが闇夜の空や影を表現している1杯でございます。
コツはサザンカンフォートと、ジンジャーエールをいかに丁寧に注げるかでございます!

ちょうどキュイジニエ達が明日の仕込みにレモンを使っておりまして、無かったので、本日はデンファレを挿しております。。笑


味もフルーティかつ甘いので飲みやすいかと!
ノンアルコールでこの見た目にするならば、
フルーツシロップはあると思うので、
黒い部分には、ブルーベリーシロップを使ってみてはいかがでございましょうか?

そろそろ、お酒のお陰か、眠くなって参りましたので、このあたりで、、、
どうぞ、月見をするのであれば
裏山でお待ちしております。
寒くなってまいりましたから、
しっかりとコートなど羽織って、
いらっしゃってくださいね。

羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00

使用人が青い鳥を育ててみた!

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様方、羽瀬でございます。

先月の後半、青い鳥アイスはお楽しみいただけましたでしょうか?
青の呪いにかかったお嬢様が沢山いらっしゃって、申し訳ないながらも、ご用命頂いて嬉しい気持ちも反面ございました笑
あれは、幸せになる代償だと思っていただければ、、、!

青い鳥アイスをお出ししていた同時期、日比野より、裏山に魔女が来ていると報告を受け行ってみると、
本のように青い鳥のお話を聞かされ、なんと育てるとその青い鳥が幸せにしてくれるというのです!!

私と日比野は裏山の様々な遊具や、山小屋でのお食事、鳴き声に合わせて歌うなどをし、沢山お世話をして一時だけではございますが、青い鳥を育ててみました。

遊びの内容や食事の量などで性格や体調が変わる様で、私共の世話のかいがあり、1日で人間でいう10歳まで育てることが叶いました!ただ、性格に問題がありまして、、、笑
少々甘やかしすぎたようでございまして、変種という不思議な結果となってしまいました。。

私共、青い鳥を育てるのは初めてのことでございましたから、細心の注意をはらいすぎたようでございます。。
その後、魔法使いに青い鳥を返したのですが、変種という結果でございましたから、きっと、変わった幸せが訪れるのでは?と思っております笑

お嬢様方ももし裏山にて青い鳥の卵を持つ魔女にあった際は、社会勉強の一環でございます、育ててみてはいかがでしょう?
私のアイスと、育てた青い鳥によって、
お嬢様方に幸せがありますように、、、!

Filed under: 羽瀬 — 22:00

青い鳥に馳せた思い

お嬢様方、ご機嫌麗しゅうございます。
羽瀬でございます。


暑さも盛りを迎え、汗ばむ額、崩れる前髪季節でございますね、、、
私も裏山での執務が大変で大変で。。

そんな夏は、私が考案致しました、『青い鳥のアイス』をティーサロンまで召し上がりにいらしてください!

青い鳥のお話、お嬢様方はご存知でございますか?

クリスマス前夜、
魔法使いの言いつけで幸せの青い鳥を探しに行く兄妹。
妖精の導きでいろいろな世界へ探しに行くものの、
すぐに消えたり、死んでしまったり。

母の声でクリスマスの朝を迎えたと知る兄妹。
とうとう捕まえられなかったのだと思ったその時、
鳥籠の中に青い羽根が。


色々な見解はございますが、
幸せとは気づかないような身近にあると言うことを示唆する、なんとも深いお話なのでございます。

お嬢様方にとって身近な
『御屋敷』が、
『幸せの在処』になれば、
私は嬉しゅうございますね、、、


暑い日に食べるアイスは
間違いなく至極のひとときだとは
存じますけども!笑


深い話ではあるものの、
見た目は大変可愛らしいアイスに
仕上がっているかと存じますので、
ぜひ、お召し上がりくださいませ!!


さて、私は裏山へと、少々青い鳥を探しに参りましょうかね。
お嬢様も興味があれば、
双眼鏡と籠を用意して、
お待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 22:00

はじめてのお仕え~2019水無月編~

ご機嫌麗しゅうございます。羽瀬でございます。

タイトルが指すもの。お気づきの方も多々いらっしゃいますかね?
そう!Albedoのアフターイベントにて、初めて物販のお手伝いをさせて頂きました!!

その日はティーサロンが休館の日。
裏山に仕事探しに行くと、ほかの使用人に『羽瀬くんは、大丈夫かな~』と言われてしまったので、『うーん、、、行くところがない。』と思っていると、歌劇団のお手伝いに急遽参加することになったということでございました。。

以前、日誌にも書いたように、私も本編を観劇させて頂くことが叶いまして、気になる点がございましたが、ユライヤ先生のお陰で謎が晴れたり、想像が膨らむ素敵な時間を過ごすことができました、、、!

そして、物販のお手伝い。
慣れないことというのは、緊張からくる焦りと、使用人たるもの、完璧であらなくては!という日頃の矜恃が相まって、大変お見苦しい姿を見せた時間もあったかと存じます、、、
ただ、お嬢様方とお話を重ねるうちに、私も心に余裕が出てまいりました!

お嬢様に支えられては使用人失格でございますね(汗)
もし!次に機会があれば!
仕事もこなし、お嬢様にも楽しんでお買い物ができる空気を作れるよう、精進致します!!

また、歌劇団のメンバーがどのようにイベントに臨んでいるのかも見ることができ、これだけお嬢様のためを思って真剣に取り組んでいるんだと、実感致しました。
だからこそのあの舞台なのですね!


さて、話は180°変わりまして、私、羽瀬、、
ティーアドバイザーの資格を
取ることが叶いました!

これからもさらに裏山の山小屋にこもって、紅茶はもちろん、お食事やお酒についても、知識を増やしていきとうございます!!


これから大変暑い夏の季節、
冗談を発せば、笑いが起きるも良し、
滑っても涼しいから良しの季節でございますね(滑らないのが1番)
7月は七夕もございますから、どうぞ短冊に願いを込め、込め忘れたら、私の前髪にでも祈っておいてください、
さすれば、小さな願い事なら叶う!、、、かも知れませんので笑
『あなたのどうしても、ではないけど、叶えたい願い事はなんですか?』

追伸
アイスティーもお楽しみくださいませ!


羽瀬
Filed under: 羽瀬 — 22:00

祭りの余韻と雨音

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
羽瀬でございます。


5月に行われました、『Primavera Carnival』にご参加されたお嬢様、いかがでございましたでしょうか?
私も初参加のイベントということで、
何をすればいいのか右往左往する場面もございましたが、
気がつけば、お食事の感想や、日々の給仕のことについて、私が務めたティラミスにいらっしゃっていただけたり、真実の口を楽しんだりと、
充実した時間を過ごすことができておりました。
これも、周りの使用人やお嬢様方のお陰でございますね!
大変ありがとうございました、、、

この素敵な時間を胸に、さらに給仕に磨きをかけ、次に催し事に参加する際には一回り成長した姿で臨みたいと存じます!まだまだ感想など、ティーサロンでお聞きできるのを楽しみにしておりますね!
鏡を見たら、羽瀬の髪型を思い出してしまうかもしれませんが、ご容赦くださいませ、、、笑


そして、月が変わりまして梅雨の季節でございます。
雨が多いのは自然にとっては恵、しかし、私の髪型にとっては天敵でございます。。
いつも以上に気を引き締めて、整えなくては!

裏山の美化も、雨が降ると大変ですが、こういう時は、山小屋に籠り、雨音を聞きながら紅茶やお酒の勉強をするのも風流でございますね。
動物たちと会えない裏山は少し寂しゅうございますが。。

梅雨が明けたら、そろそろ夏の天体が素敵な季節でございます。
天体観測などはいかがでございましょう?

その際は、夜食と望遠鏡を用意してお待ちしておりますね!
それでは、また。
Filed under: 羽瀬 — 22:00

“最後”のち“最初”

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
羽瀬でございます。

世間はほんの少し前まで、
『平成最後の・・・』と謳い、
沢山の経済効果を産んでおりました。
しかし、よくよく考えると、
普段目にするものに、
良い謳い文句を付けただけなのではないか
と穿った捉え方をしてしまい、
なんだか虚しい気分になってしまいます。。

また、この後には『令和最初の・・・』そして、『オリンピックイヤーの・・・』と続いて参ります。
日本語というのはなんと美しく
恐ろしいものなのかと
痛感する日々でございますね、



何が言いたいかと申しますと、
言葉の響きだけ捉え、
物事の本質を捉えられないと、
踊らされてしまうということでございます。



そして、最後があり、
その後に新たな始まりがあることによって
気持ちや行動に区切りが着くかと存じます。

『五月病』などという言葉がありますが、
これはある意味、4月に始まった環境に
適応した結果、余裕が出てきたのだと
私は考えております。

そういう時こそ、出来た余裕で何をするか考え、
また、出来るようになった自分を
褒めてあげてください!
もちろん私もお褒め致しますよ!!
お嬢様の好きなお菓子でもお作りしましょうかね、、、!


少々長くなってしまいましたが、
羽瀬の小言だと思って、
流していただければ。。

5月は私にとっても初めての催し、
『Primavera Carnival』がございます。
お嬢様と共に良き思い出を作れれば
と思っておりますので、
どうぞよろしくお願い致します!


(それと、裏山の熊のサーカス稽古は順調です)
Filed under: 羽瀬 — 18:00

桜は散るから美しいのです

ご機嫌麗しゅうございます、羽瀬でございます。
だいぶ暖かくなって参りまして、
当家の裏山でも冬眠から目覚めた熊などが、
ウロウロとしております。
躾はしてあるのでご安心を、、、!

さて、タイトルが少々ポエムのようになってしまいましたが、特にこれといった意味はございません。
強いて言うなら、変化のないものに魅力はない=桜という木は1年の変化があるからこそ『桜』と言ったところでしょうかね。

お屋敷ももちろん日々変化をしておりますし、守らなくてはいけないものは受け継いでおります。
そして、私もついに何人かの後輩が出来てしまいました、、、!

この春からは助けられてばかりだった羽瀬から、助けることの出来る羽瀬になれれば、
そして、私の掲げる目標、沢山のお嬢様方に笑顔になっていただくこと、改めてこれらを胸に変化していければと思っております。

千変万化、十人十色のお屋敷、
変わりゆく季節でもそれぞれの季節に相応しい花を咲かせられる、そんなお屋敷であれるよう、精進して参ります。
新たな生活の門出に幸あらんことを、、、!


あ、裏山の小屋にて桜餅を準備して待っておりますね!
Filed under: 羽瀬 — 22:00

願い事は叶ったのでしょうか?

お嬢様方、ご機嫌麗しゅうございます。
羽瀬でございます。

私がこの日誌を認めている時、
当家の音楽堂から聞こえるのは
歌劇団の面々の歌声やセリフの数々。

もうしばらくすると、
お嬢様方の目に触れるのかと思うと、
私まで胸が踊る様でございます。

日々の給仕はもちろん、
歌劇でお嬢様方に至福のひとときを届ける彼らは、
本当に尊敬できる先輩方でございます。


私も手早く、かつ、丁寧に執務をこなし、
時間あれば稽古している姿をこっそりと
覗こうかと思っております。



もし機会ございましたら、
公演のご感想など、私にもお聞かせ下さいませ。
私も歌や舞台を見ることが、
娯楽の1つでございますので、
お話出来ることを楽しみに
お待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 11:00

Dolceの美味しい季節

ご機嫌麗しゅうございます、お坊ちゃま、お嬢様。
羽瀬でございます。

世間はバレンタインの季節のようでございますね。当家も、チョコレートをふんだんに使ったデザート、用意しておりますよ。

さて、突然ではございますが、デザートはイタリア語で『Dolce』(ドルチェ)と申しますが、この名がついた私の好きなお酒がございます。

イタリア産の『クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ ドルチェ』という天然微発砲のワインでございます。

『Dolce』の名前の通り、干しイチジクやイチゴの香りと味がデザートのようで大変特徴的なため、お酒が苦手な方でも味は、飲みやすかと存じます。
ただ、ワインであることはお忘れなく、、、

お飲みになる機会ございましたら、ぜひお楽しみくださいませ。


もう少し致しますと、春の温かさを感じるかと存じますので、寒さには気をつけてお過ごしくださいませ。

それでは、お早いお帰りをお待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 15:00

新年のご挨拶

お坊ちゃま、お嬢様、明けましておめでとうございます。
羽瀬でございます。

新年ということでございますので、
在り来りではございますが、
私の2019年の抱負を書かせていただこうと思います。

羽瀬は2019年、
『1人でも多くの方を笑顔にする』
ということを私の抱負とさせていただきます。

まだ、ティーサロンでの給仕が許されて、間もない身ではございますが、少しでも早く、執務を難なくこなせるようになれるよう精進して参ります。


最後に私の好きな言葉を。
『人生何事もポジティブに!悪いことを裏返すと、良いことがきっと隠れている!』

では、平成最後の年、
本年もよろしくお願い致します。
Filed under: 羽瀬 — 21:00