“最後”のち“最初”

ご機嫌麗しゅうございます、お嬢様。
羽瀬でございます。

世間はほんの少し前まで、
『平成最後の・・・』と謳い、
沢山の経済効果を産んでおりました。
しかし、よくよく考えると、
普段目にするものに、
良い謳い文句を付けただけなのではないか
と穿った捉え方をしてしまい、
なんだか虚しい気分になってしまいます。。

また、この後には『令和最初の・・・』そして、『オリンピックイヤーの・・・』と続いて参ります。
日本語というのはなんと美しく
恐ろしいものなのかと
痛感する日々でございますね、



何が言いたいかと申しますと、
言葉の響きだけ捉え、
物事の本質を捉えられないと、
踊らされてしまうということでございます。



そして、最後があり、
その後に新たな始まりがあることによって
気持ちや行動に区切りが着くかと存じます。

『五月病』などという言葉がありますが、
これはある意味、4月に始まった環境に
適応した結果、余裕が出てきたのだと
私は考えております。

そういう時こそ、出来た余裕で何をするか考え、
また、出来るようになった自分を
褒めてあげてください!
もちろん私もお褒め致しますよ!!
お嬢様の好きなお菓子でもお作りしましょうかね、、、!


少々長くなってしまいましたが、
羽瀬の小言だと思って、
流していただければ。。

5月は私にとっても初めての催し、
『Primavera Carnival』がございます。
お嬢様と共に良き思い出を作れれば
と思っておりますので、
どうぞよろしくお願い致します!


(それと、裏山の熊のサーカス稽古は順調です)
Filed under: 羽瀬 — 18:00

桜は散るから美しいのです

ご機嫌麗しゅうございます、羽瀬でございます。
だいぶ暖かくなって参りまして、
当家の裏山でも冬眠から目覚めた熊などが、
ウロウロとしております。
躾はしてあるのでご安心を、、、!

さて、タイトルが少々ポエムのようになってしまいましたが、特にこれといった意味はございません。
強いて言うなら、変化のないものに魅力はない=桜という木は1年の変化があるからこそ『桜』と言ったところでしょうかね。

お屋敷ももちろん日々変化をしておりますし、守らなくてはいけないものは受け継いでおります。
そして、私もついに何人かの後輩が出来てしまいました、、、!

この春からは助けられてばかりだった羽瀬から、助けることの出来る羽瀬になれれば、
そして、私の掲げる目標、沢山のお嬢様方に笑顔になっていただくこと、改めてこれらを胸に変化していければと思っております。

千変万化、十人十色のお屋敷、
変わりゆく季節でもそれぞれの季節に相応しい花を咲かせられる、そんなお屋敷であれるよう、精進して参ります。
新たな生活の門出に幸あらんことを、、、!


あ、裏山の小屋にて桜餅を準備して待っておりますね!
Filed under: 羽瀬 — 22:00

願い事は叶ったのでしょうか?

お嬢様方、ご機嫌麗しゅうございます。
羽瀬でございます。

私がこの日誌を認めている時、
当家の音楽堂から聞こえるのは
歌劇団の面々の歌声やセリフの数々。

もうしばらくすると、
お嬢様方の目に触れるのかと思うと、
私まで胸が踊る様でございます。

日々の給仕はもちろん、
歌劇でお嬢様方に至福のひとときを届ける彼らは、
本当に尊敬できる先輩方でございます。


私も手早く、かつ、丁寧に執務をこなし、
時間あれば稽古している姿をこっそりと
覗こうかと思っております。



もし機会ございましたら、
公演のご感想など、私にもお聞かせ下さいませ。
私も歌や舞台を見ることが、
娯楽の1つでございますので、
お話出来ることを楽しみに
お待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 11:00

Dolceの美味しい季節

ご機嫌麗しゅうございます、お坊ちゃま、お嬢様。
羽瀬でございます。

世間はバレンタインの季節のようでございますね。当家も、チョコレートをふんだんに使ったデザート、用意しておりますよ。

さて、突然ではございますが、デザートはイタリア語で『Dolce』(ドルチェ)と申しますが、この名がついた私の好きなお酒がございます。

イタリア産の『クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ ドルチェ』という天然微発砲のワインでございます。

『Dolce』の名前の通り、干しイチジクやイチゴの香りと味がデザートのようで大変特徴的なため、お酒が苦手な方でも味は、飲みやすかと存じます。
ただ、ワインであることはお忘れなく、、、

お飲みになる機会ございましたら、ぜひお楽しみくださいませ。


もう少し致しますと、春の温かさを感じるかと存じますので、寒さには気をつけてお過ごしくださいませ。

それでは、お早いお帰りをお待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 15:00

新年のご挨拶

お坊ちゃま、お嬢様、明けましておめでとうございます。
羽瀬でございます。

新年ということでございますので、
在り来りではございますが、
私の2019年の抱負を書かせていただこうと思います。

羽瀬は2019年、
『1人でも多くの方を笑顔にする』
ということを私の抱負とさせていただきます。

まだ、ティーサロンでの給仕が許されて、間もない身ではございますが、少しでも早く、執務を難なくこなせるようになれるよう精進して参ります。


最後に私の好きな言葉を。
『人生何事もポジティブに!悪いことを裏返すと、良いことがきっと隠れている!』

では、平成最後の年、
本年もよろしくお願い致します。
Filed under: 羽瀬 — 21:00

ご挨拶

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。
そして、お初にお目にかかります、私、羽瀬(はせ)と申します。

この度、大旦那様より裏山の美化に加え、ティーサロンでの給仕を仰せつかりました。

お嬢様、お坊ちゃまが羽を伸ばすことの出来る空間を創ることができますよう、精進して参りますので、よろしくお願い致します。

それでは、お早い帰りをお待ちしております。
Filed under: 羽瀬 — 12:00