雨垂れ石を穿つ

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。




暑くなってまいりました。



気がつけば
6月でございます。



1年の半分が終わって
残りの半分が始まったのです。



あれよこれよと
お屋敷で
毎日を過ごし
お嬢様と毎日共にし
今年も素敵な
半年間でございました。




突然ではございますが
お嬢様にお伝えしたい事あり
筆を執っております。





私胡桃沢。
この度
お屋敷を旅立つことになりました。



私はまだまだ未熟で
学ぶものが多く
もっともっと
色んな景色が見たいと存じ
大旦那様にお許しを頂きました。



色んな景色を見て
感じて
和歌にでもしていけたら
素敵でございますね。




大旦那様との不思議な
ご縁で招かれたお屋敷。


大切なお嬢様に
お仕えすることが叶い
夢のような
2年と半年でございました。



至らぬ点ばかりの
私でございましたが
なによりも
お嬢様の優しさ
笑顔にいつも元気を頂いておりました。


心から感謝しております。
お嬢様。
ありがとうございました。





そして
大好きな使用人の皆様。




なんだか
長いような短いような時間。
私は
帰れる場所が
増えた気持ちでございました。





笑いが絶えず
仲の良い皆様が
これからもきっとずっと
今まで通り
いやそれ以上に
お嬢様を笑顔にしていくのでしょう。



私に
お屋敷に居場所を下さり
帰る場所を下さり
ありがとうございました。





大事に大切に
してきたものも
いざ去るとなると
いざなくなるとなると
より大事さや大切さを
気づかされるものでございます。



それが
別れというもので
ございますね。



きっとこれからの人生
お嬢様は
沢山のお別れを経験すると存じます。


お話できる時に。
想いを伝えられる時に。
目を見て伝えられる時間は
永遠にはございません。


そんな日々を
大切にして下さいませね。






名残惜しゅうございますが



どうかお元気で。
愛しいお嬢様。



Filed under: 胡桃沢 — 23:30

胡桃沢でございます

お嬢様
ごきげん麗しゅうございます。




"平成"
という時代が終わり
"令和"という
新しい時代が始まりました。


平成という時代が
当たり前で
私は
特別思い入れがない気がしておりまして
ふんわりした気持ちで
令和を迎えました。



ですが終わってみると
生まれた時代でございますし
私のこれまでの
人生が平成だったのか。
それが終わるのか。
と思うと考え深く
尊く感じるものでございました。




令和
令は数字の0
和は輪っかの0



この時代が
お嬢様にとって
なにかのきっかけや
なにか新しいスタートラインに
なりますよう
胡桃沢は
願っております。





いつの時代も
お側に仕えさせて下さいませね。
Filed under: 胡桃沢 — 12:00

胡桃沢でございます

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。






熱い熱い
春の選抜が終わり
そしてそして
プロ野球開幕致しましたね。
春でございます。







そうです。
本日はいつもの
四季の美しさに酔い
和歌に酔う
胡桃沢ではありません。







生粋の野球少年時代を
思い出し熱くなってる
胡桃沢でございます。
(坊主にしたことはございません)





私はずっと
キャッチャーという
ポジションをやっていたのですが
チームメイトのみんなと
反対の方向を見て
指示をだしているのが
かっこいい!
と幼心に感じた覚えがあります。






キャッチャーというポジションは
すごくすごく
観察力と先を読む力と
なによりも気遣いが大切な
ポジションでございます。



カウントとリード。
相方である
ピッチャーのことや
守ってるチームメイトの
守備位置やモチベーション。
監督の指示。
相手バッターの調子やくせや
モチベーション
相手ランナーの動き。
そして相手の監督の表情。





こんなに野球の楽しいところが
詰まってるポジションはございません。





こんなに楽しい場所は
誰にも譲らない。と
身体が小さいながら
長い髪をなびかせながら
日焼け止めを塗りたくりながら
指示すること意外は
あんまり声を出す事はなく
気合いというものを
そこまで見せずに
いつもユニフォームは綺麗なまま
涼しい顔で
マスクを被っておりました。




ちくちくと
色んな方面からの指摘は
多々ございましたが。。





ですがこれも
私のこだわりと
ブランディング。






大事な大会の
ここぞという時に
大きい声で鼓舞する。
ヘッドスライディングをして
ユニフォームを汚して
気合いを見せる。





日頃
こだわってこだわって
こだわりを貫いてる人が
チームのために
勝利のために
こだわりを捨てる。
あいつが
あそこまでやってるんだ!
勝ちたいんだ!!
自分達もやらなきゃ!!
やるぞ!!!!!!
と人々の心が盛り上がるのでございます。










これを私は計算でやっていたので
だめなんでございますけど。笑




こだわりは
こだわり続ければ個性になります。
個性はきっと
邪魔になる時もあるでしょう。
ですが必ず武器になります。



お嬢様も
素敵な個性を大切にして下さいませね。
Filed under: 胡桃沢 — 12:00

和歌

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。




本日は
桜の和歌のお話を致しましょう。


"あしひきの 山桜花 
一目だに 君とし見てば 
我れ恋ひめやも"


山に咲く桜の花を
ほんの一目でも
あなたと一緒に眺められたなら
こんなにも
花が恋しいとは思わないのに。

切ないうたでございますね。


遥か昔の平安時代の方も
想いに耽ると思うと
なんだか不思議な感じが致します。




和歌は
短い文に
想いが沢山込められております。



現代に生きる私たちにも
なるほどと納得いくものや
共感できるものも
沢山ございますので
興味がございましたら
調べてみて下さいませ。



まだ寒いが続きますので
暖かくしておやすみ下さいませ。

Filed under: 胡桃沢 — 09:00

胡桃沢でございます。

ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。




お屋敷のお手入れも
大旦那様のお手伝いも
少し
忙しゅうございまして
少しティーサロンでの
お嬢様のお顔を見ての給仕が
なかなか出来ずに
少々寂しく思っておりました。




ティーサロンに帰ると
大好きな使用人達のお顔
お嬢様には
久しぶりに姿を見て安心した
と暖かい言葉。




大旦那様から
お屋敷に招かれて
2年と5ヶ月。
私にはこんなに暖かい場所があると
暖かい気持ちでいっぱいでございます。




生粋の後輩気質の私。
お屋敷でも沢山の先輩達の後を
ひっつきまわっております。





後輩がどんどんと増えてまいりまして
少しずつですが
先輩方が私にしてくれたように
進んでいけたらと存じます。




もう段々と暖かくなってまいりましたね。

春が近づいてきております。



春といえば桜。




桜は美しゅうございますけど
少しだけ苦手でございます。


私には散ることが
わかっているからでございます。


散るのがわかってるからこそ
風に揺れるピンクの花びらが
美しいと人々は思うのでございますね。


限りある時間の中で目一杯輝く。
それがきっと
"美しい"
と思うのでございましょう。



きっと我々人間も同じでございます。




少し悲しい字面にはなりますが
人間は産まれた時点で
死ぬことは決まってるのでございます。



それはマイナスの意味ではなく
人間というものは
人生というものは
そういうものだからでございます。



人生も桜と同じ。




限りある時間の中で
精一杯目一杯輝いて生きる。



だから人間というものは
美しいのでございましょうね。







その限りある時間の中で
また新しい一歩を踏み出す貴方。






教わったこと、優しさ
そして貴方の味。










少し寂しゅうございますので
桐島と相撲をとってまいりますね。ふふ
Filed under: 胡桃沢 — 14:00

胡桃沢でございます

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。



3月に入り
寒い日が続きますが
だんだん春らしさも感じてくるように
なりましたね。



梅が美しく
咲いておりますので
お嬢様にも是非見せたいと
思っていたところでございました。


"年のはに 春の来たらば 
かくしこそ梅をかざして
楽しく飲まめ"



万葉集の詩でございます。
これからも春が巡ってくるたびに
梅をかざしながら
皆んなで飲もうではないか。
という詩。



なんだか
お屋敷の使用人にぴったりなうたで
ございますね。


寒い日が続きますので
暖かくしておやすみ下さいませ。
Filed under: 胡桃沢 — 13:00

胡桃沢でございます。

お嬢様。




ご機嫌麗しゅうございます。







先日珍しいメンバーで
食事に行ってまいりました。







豪徳寺執事
有村
水瀬
杉村
胡桃沢







ビバレージユニットの皆様と
私でございます。






初めてご一緒させていただき
なんだかドキドキ致しました。








美味しいパスタと
尊敬する先輩方のお話。





大変素敵な時間でございました。










有村との帰り道。
ちょうど2年前に
このお屋敷に招かれ
有村と大河内に給仕の
御指南頂いたのを
2人で懐かしく振り返り
月日の流れの速さを感じました。






お嬢様の為に
お嬢様の憩いの時間の為に
お嬢様の笑顔の為に
最高の給仕をすること。







これが有村への大河内への
1番の恩返しだと存じております。




口下手な私。




お顔を見て言う事は
恥ずかしくて
ないと存じますので
日誌にひっそりと書く事に致します。






夜は大変冷え込みますね。




暖かくして
お休みになって下さいね。
お嬢様。
Filed under: 胡桃沢 — 20:30

胡桃沢でございます。

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。





ハロウィン
お楽しみ頂けたでしょうか?






今回は
ウェッジウッドの
クイーンオブハートの妖精さんが
お屋敷に来てたみたいでございますね。


(more...)
Filed under: 胡桃沢 — 23:00

胡桃沢でございます。

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。


胡桃沢でございます。




夏が過ぎ
すっかり秋模様でございますね。





私の好きな和歌。




秋の詩には
素敵なものが多ございます。



"
今来むと 言ひしばかりに
長月の 有明の月を
待ち出でつるかな
"

今夜暗くなったらすぐに行くよと
あなたに言われたばかりに
私は9月の長い夜を待ち続けた。
待ち人はついに来なくて
明け方になり有明の月のほうが
空に現れてしまいました。



秋の物悲しさと同時に
切ない心情を感じますね。


これは女性目線の詩では
ありますが
作者は男性なのでございます。
当時、
男性が女性目線の
和歌を詠むことが流行ったそうで
目線を変えた和歌は
かなり多く残されているそうです。



お嬢様も
長い秋の夜。
和歌を詠んでみるのも
素敵でございますね。







Filed under: 胡桃沢 — 21:00

胡桃沢でございます

お嬢様
ご機嫌麗しゅうございます。



胡桃沢でございます。


(more...)
Filed under: 胡桃沢 — 16:00