季節のお酒は

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。風祭でございます。


肌寒い日が続いております。いかがお過ごしでございますか。裏山の紅葉もすっかり見頃でございますね。


さて、気温が低くなって参りますと風祭の日々のお酒事情にも変化がございます。


…最近お酒の話ばかりな気がいたしますが、ご容赦くださいませ。オクトーバーフェストにひやおろしからの新酒、あるいは風祭にとってはお酒とは秋や冬の季語なのかもしれません。


少々話が逸れましたが、只今風祭がいただいておりますこちら、鶴齢特別純米ひやおろしの燗酒でございます。寒い日には体温まる燗酒、おすすめでございます。


9月のまだ暑い時節のひやおろしは冷やしてすっきりいただきますが、近頃のような肌寒い日には円熟したひやおろしを燗酒にていただきます。普段より一層旨味や薫りを強く感じられることと存じます。


ひやおろしも飲み納めが近うなって参りましたため、先日和食居酒屋に一人で行って参りました。一人ではございますが、使用人仲間がいないわけではございません。ただ偶然にも巡り合わせが悪く、断られただけでございます。

汐見「もうご飯食べちゃったから遠慮するよ。」

日比野「この後遊技場の清掃がありますので…。」

決して使用人仲間がいないわけではございません。決して。


カウンター席にて黄昏ていたおかげか、大将とお話することが叶いまして、本来提供していない少量ずつの日本酒提供をしてくださいました。風祭、お酒に強い訳ではございません。大変助かりました。


一番のお気に入りは和歌山 紀土純米吟醸ひやおろしでございました。紀土らしい甘さとひやおろし由来の落ち着いた後味で大変美味でございました。


締めに蕎麦とヒレ酒をいただきとうございましたが、少々視覚が回転しております。風祭、お酒に強い訳ではございません。後ろ髪引かれる思いで退店でございます。


お嬢様、お坊っちゃま、是非オススメのお店などございましたら教えてくださいませ。
ではまたティーサロンにてお会いいたしましょう。




風祭
Filed under: 風祭 — 19:00

巡る季節

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。風祭でございます。


秋の気配が色濃くなり、裏山の木々も紅葉を始めたようでございます。お嬢様はご覧になりましたでしょうか。


風祭はお屋敷にて秋を迎えるのは初めてでございますので、季節の変化を庭園にて感じることがとても楽しゅうございます。


バラ園すぐ側のコスモス畑も鮮やかですし、ティーサロン脇のパンジーもそろそろ開花でございましょうか。裏山へと続く道には竜胆が咲き乱れ、その手前には今年の仕事を終えたひまわり達が休んでおり、季節の移ろいを感じます。


内緒の話でございますが、風祭も使用人寮付近にチューリップの球根をこっそり植えさせていただきました。春先に素敵な花を咲かせてくれることを祈っております。


早いもので風祭がお屋敷の門を叩いてから半年が経とうとしております。まだまだ未熟な風祭でございますが、巡る季節のように日々変化し、精進する所存でございます。


それではまた、ティーサロンにてお会い致しましょう。




風祭
Filed under: 風祭 — 15:00

風祭秋の風物詩

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。風祭でございます。


ようやく涼しい日が増えて参りました。秋の訪れでございますね。
風祭は不思議と夏が好きそうと言われますが、実は秋の方が好きでございます。


お嬢様は秋と言えば何を思い浮かべますか?
風祭は紅葉狩りにお月見、そしてそしてオクトーバーフェストに冷やおろしでございます。


オクトーバーフェストはドイツ、ミュンヘンにて催されるビールの祭典でございます。その名の通り秋に開催される大変大きなお祭りでございます。


ドイツのお祭りではございますが、最近は国内でも注目されているようでございまして、夏から秋まで様々な場所でビアガーデンやビアテラスが見られるようでございます。


そして冷やおろしでございますが、こちらは日本酒のジャンルのひとつでございます。
冬に作られた日本酒を秋まで貯蔵し、涼しくなりましたら卸す日本酒、冷やおろし。
長い熟成による穏やかで落ち着いた味わいが特徴でございます。


この時期は天候が不安定で惑わされがちでございますが、暑い日にはドイツビール、涼しい日には冷やおろしなどと考えながら過ごせば、風祭は日々の天候も楽しめそうでございます。


それではまた、ティーサロンにてお会い致しましょう。




風祭
Filed under: 風祭 — 17:30

山に登りとうございます。

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。風祭でございます。


厳しい暑さも多少弱まりましたが、まだまだ暑い日々が続いております。熱中症にはお気をつけくださいませ。

(more...)
Filed under: 風祭 — 20:10

風祭でございます!!

お嬢様、お坊ちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。風祭でございます。


毎日暑い日々が続いております。体調など崩されておりませんか。お申し付けくださればすぐに日傘をお持ちいたしましょう。


さて、先日日傘を片手に近所を散策しておりましたら、なにやら風情のある酒屋がございました。
一見すると古ぼけているようにも見えますが隅々まで行き届いた清掃や、軒下に綺麗に並べられた酒瓶が店主の丁寧な仕事を伺わせるようでございます。

(more...)
Filed under: 風祭 — 19:00

趣味のお話

お嬢様、お坊っちゃま、ご機嫌麗しゅうございます。風祭でございます。


長雨の時節でございます。時が経つのは早いもので、お屋敷の門を叩いて早一ヶ月でございます。
最近ではようやく緊張もほぐれ、ゆっくりお話する機会も増えて参りましたね。


本日は改めて、私風祭の趣味をもう少し詳しくご紹介できたらなと筆を取らせていただきました。


さて、使用人名簿にもございますが、私動物園・水族館巡りを趣味としております。
可愛らしい小動物や珍妙な動物・魚を見ていると日々の疲れが吹き飛ぶというものでございます。
最近は遠出をすることも少のうなって参りましたが、給仕修行にて全国を巡った折には北は北海道、南は沖縄と様々な土地の動物園・水族館にお邪魔したものでございます。


コツメカワウソは最小のカワウソでございます。ペットや水族館の人気者としてメディアで取り上げられることが増え知名度が増してきたように思いますが、お嬢様、お坊っちゃまはご存知でございますか?


元はイタチの仲間でございまして、マレーシア・フィリピンなどの河川付近にて生魚や昆虫を食して生活しております。水族館の餌やりでは生魚を両手に持ってかじる姿が楽しめるかと存じます。


既にお気付きかと存じますが、私風祭はカワウソが大好きでございます。


愛くるしいフォルムにつぶらな瞳……加えて落ち着きのない仕草に遊び好きの性格……さらには小さな穴を見たらとりあえず手を入れる好奇心旺盛なところ……そして口元の……あの……なんと申しましょうか……ギリシア文字の「ω」のような……これは最早お祭り……カワウソの祭りにございます…………。




少々取り乱し、お見苦しいところをお見せ致しました。
ときにカワウソは漢字で川獺・獺と書きます。おや、獺の祭りと言いますと……。


是非、お嬢様、お坊っちゃまのお気に入りの動物も教えていただきとうございます。


それでは後日、ティーサロンにてお待ちしております。




風祭
Filed under: 風祭 — 12:22

お初にお目にかかります。

お嬢様、お坊っちゃま。
お初にお目にかかります。
風祭(かざまつり)と申します。

大旦那様のお許しを得て、ティーサロンにてお給仕させていただくこととなりました。

ワインカーヴや庭園の清掃も仰せつかっておりますので、もしお屋敷内で見かけましたら是非お声がけくださいませ。
誠心誠意お給仕させていただきます。

それでは、お会いできる日を楽しみにしております。



風祭
Filed under: 風祭 — 17:30