最後まで私らしく

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

2月とは言え寒い日々が続いております。
暦の上では春と言う事ですが、この言葉はツチノコ発見と同じくらい信用なりません。
寒さへの備えはまだまだ万全になさって下さいませ。

(more...)
Filed under: 綾瀬 — 21:45

ご挨拶

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

年が改まり漂う空気すら新しく感じます。
お嬢様新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

継続は力なりなんて言葉がございます。
昨年は目標としていた私の紅茶をご用意出来たり新しい事にチャレンジする年でございました。
故に今年はそれを継続して己の糧にする、そんな年にしたいと思って居ります。

一歩を踏み出す勇気と継続する忍耐。
どちらも兼ね備えた使用人になりたいものでございます。

まだまだ若輩者ながら、ほんの少しでも毎日向上を図る所存でございますので是非見守っていただければ幸いにございます。

それでは以上でご挨拶とさせていただきます。
またのご帰宅をお待ちして居ります。



綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 10:00

師走

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

12月でございます。
年の瀬を意識する今日この頃、今年もまたとても速く過ぎ去った様に感じますね。
気が早いやも知れませんが、お嬢様におかれましては本年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


とは申しましてもまだまだ催し事も多く、その準備に追われる身としては違和感が拭えません。
私自身も飾り付けをする後輩を横目にこの日誌をしたためて居ります。

おやおや「サボるな」と仰せでいらっしゃいますか?
ご安心下さいませ。
これも私の業務の一環でございます。
今年は飾り付けの作業を行う後輩達を指導する役目を仰せつかったのでございます。
故に一通りの作業をやって見せ、今はこうして見守って居ります。

「何かあれば呼びなさい」と申しましたのが2時間前。
なかなか声が掛かりません。
どうしたのでしょうか?
大丈夫でしょうか?
おや、何やら揉めている様子。
あっ、解決した見たいですね。
良かった良かった。


…ソワソワ………ソワソワ……




そんな私にようやく掛かった声は作業の終了を告げる内容でございました。
最後に確認を致しましたが、特に問題もございません。
優秀な後輩達でございます。


ただ次はこうは参りませんよ。
昼ドラなる映像作品を拝見致しまして勉強して居りますからね。





と言った具合に私共はお嬢様のご帰宅をお待ちして居ります。
2018年の最後まで全力で参りますので、お嬢様の笑顔を賜れましたら嬉しゅうございます。
本日はこれにて失礼致します。

綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 12:00

大和撫子

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

さあ遂にこの時がやって参りました!
待ちに待った11月でございます。
そう!今月から私の考案したブレンドティー『大和撫子』がお屋敷に仲間入り致します!
思えば1ヶ月がこんなにも長く感じたのは久しゅうございます。
10月中にはご報告が上がると大旦那様から伺って居りましたが、よもや10月1日であろうとは予想外でございました……。
本日はこの場をお借りして私の紅茶をご紹介したく存じます。


『ミルクに合う日本茶』というコンセプトのもと日本茶と紅茶をブレンドした大和撫子は、優しい日本茶の風味を紅茶のコクと渋みが支える両者の良いとこ取りを実現した紅茶でございます。
それ故に日本茶のみで召し上がるよりも格段に美味しい仕上がりとなりました。
お食事やデザートに合わせて、ミルクと砂糖もお好みで加えてお楽しみ下さいませ。


さてこの紅茶のどこに一番苦労したかと申しますと、それは命名でございました。
勿体ぶらずに申しますと、この素敵な名前を付けてくれたのは愛すべき後輩の浅葱なのでございます。
互いの紅茶の名前を決める為に会議を致しまして、その時に浅葱が提案してくれたのが『大和撫子』でございました。
正直なところ初めは全くピンと来ませんでした。
と申しますのも紅茶に冠する名にしては大仰だと思ったからでございます。
しかし他に妙案も無く考えを巡らせる内に、段々ととても良い名前に思えて参りました。
今考えるとこれは、単純にその大仰な名前を名乗る覚悟が無かったという事だったのでしょう。
一度覚悟を決めてしまうと、それまでの悩みは何だったのかと思う程しっくりと来ました。


こうして私の紅茶は完成致したのでございます。
素晴らしい名前も授けてくれた浅葱にはとても感謝して居ります。(本人に言う予定はありません)
ミッシェル共々ご贔屓いただけましたら嬉しゅうございます。


是非感想などお聞かせくださいませ。
それを楽しみにお屋敷でお待ちして居ります。



PS
そういえば月の後半には私考案したフットマンケーキもご用意させていただきます。
素朴な素材を使ったカトルカールでございます。
毎年の3月14日に使用人達に手作りの物を振舞って居りまして、その時から「以前はフットマンケーキという物があってね~」と話題挙がって居りました。
今回は私の手作りの物を当家のパティシエに再現していただくという趣向でございます。
ただ残念な事に、私が作った物より美味しい……。
当然といえば当然ですが、味見をした時は少々複雑な心境でございました。
まぁ美味しいに越したことはございませんので、気にしない事にしましょう。
是非大和撫子と一緒にお召し上がり下さいませ。


綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 15:35

エクソシ〇ト健康法

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

現代はとても便利な世の中でございますね。
欲しい物は何でも手に入り、図書館を持ち運ぶ事すら可能でございます。
されどそれ故に現代ならではの悩みもまた、沢山あるように感じるのでございます。
その中でも私は最近まで眼精疲労に悩まされて居りました。
目を通り越えて肩や背中まで痛みが広がりまして、少々辛い日々を過ごして居りました。

そんな中出会ったのがタイトルのエクソ〇スト健康法でございます。
まぁただ単純にブリッジをするだけなのですが、これが非常に気持ちいいのです。
肩、肩甲骨周り、首周り、鎖骨からお腹に掛けてが満遍なく解されます。
最初にブリッジをした時は、石化した肩周りが砕かれ剥落する様な錯覚を覚えたものでございます。
同様の悩みをお抱えでしたら、大変お勧めでございますので是非お試し下さいませ。
ただしお試しの際は体を傷めない様、いきなりでは無く椅子を補助に使う等徐々に慣らして頂ければと存じます。

このお陰か近頃は体が軽くございます。
これは流行るかも知れません。

それでは本日はこの辺りで失礼致します。
またご帰宅をお待ちして居ります。

綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 09:00

秋を感じて

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

意外にも暑さが鳴りを潜め、秋らしい気候になって参りました。
涼しくなりますと紅茶など温かい飲み物が美味しゅうございます。
特にひんやりとした夜風を感じながらいただく紅茶は、いつもより深く心を休めてくれる様な気が致します。
思うに苛烈な夏を乗り超えた事による、ある種の緩みがこの静謐な雰囲気を創り出しているのでしょう。
やはり私はこの季節が一番好きですね。
願わくば出来るだけ長く続いて欲しい物でございます。

さてしかしながら私如きが考え付く事を、大旦那様をはじめ高貴なる方々が考え付かぬ訳もなく。
お嬢様宛に夜会の招待状が幾らか届いております。
社交シーズンには少し早うございますが、この季節をただの通過点とするのはいささか勿体のうございます。
招待状は寝室にお持ち致しますので、是非一度お目通し下さいませ。

そして勿論お屋敷でも様々な催し事を開催致します。
既に準備が始まっておりまして、それはそれは盛大な物になるでしょう。
お嬢様にもご参加いただけば嬉しゅうございます。

では本日はこれにて失礼致します。
ご帰宅をお待ちしております。


綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 15:00

綾瀬の生息地

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

月並みではございますが、お暑うございますね。
噴水の近くを通るたびに、思い切り飛び込みたい衝動に駆られる今日この頃でございます。
お嬢様に置かれましては、くれぐれもご注意下さいませ。水しぶきに。
(more...)
Filed under: 綾瀬 — 19:00

本と誇りを持ち

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

本日は私もおすすめの読み物をご紹介させて頂きたく存じます。
思えば名簿にて好きな物は読書などと申し上げておきながら、今の今まで失念して居りました。
ついうっかりも、2年越しならば大したものかも知れませんね。
(more...)
Filed under: 綾瀬 — 16:00

ピカピカの3年生

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

この6月は私共にとりまして想い出深い月でございます。
今月で私共もお屋敷に参りましてから2年が経過致します。
また一つ私の歴史が積み重なった訳でございますが、3年目ともなると重みがございますね。
ピカピカの3年生でございます。
任される仕事や責任も増えて参りましたから、この立場に恥じぬ様に務めて参ります。


ただ近頃悩みなどもございまして...。
個性豊かな先輩やいいキャラの新人、なにやらキバを隠していた後輩たちに囲まれた日々の中で我が身を省みると、もっと尖った何かが欲しい思い始めた自分がおります。
どの方向に進むべきか色々と試行錯誤を繰り返して見ようかと思います。
......チョコミントの尖り具合は尋常じゃないですよね......
目指すはあれくらいです。


心機一転また頑張って参りましょう。
またお屋敷にて、お帰りをお待ちして居ります。


綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 17:00

新しい城

お嬢様ご機嫌麗しゅうございます。
綾瀬にございます。

実は私4月より自室に新たに1人部屋を割り当てられました。
これは後輩が増えた事と、同室であった生駒も然りですが我々の世代もティーサロンでのお給仕のみならず様々な役目を頂き、各々の務めが細分化して参りました故という事らしいです。
確かに近頃は夜に1日のお給仕の事を話し合いながら眠りにつくという事も少なくなっておりましたし、それどころか同室でありながら顔を合わせるタイミングが無い日も多くございました。
部屋割りとその理由を聞いたようやく実感しましたが、確かに当初とは比べ物にならない程役目が増えていたのでございますね。

なかなか大変であった引越し作業もひと段落して、余裕が出てきたところでこの日誌をしたためて居ります。
ただ備え付けの収納にやたら色々な物があるのが困りものでございまして、まだまだそちらは手付かずです。
メガネやランニングシューズや古めかしい本でしたり、たこ焼き器なんかもございました。
賑やかで何よりですね。

この部屋に慣れるのももう少し時間が掛かりましょうが、これに恥じる事の無いようにまた背筋を正してまた励んで参りましょう。

それではご帰宅をお待ちして居ります。


綾瀬
Filed under: 綾瀬 — 20:30