ゲキxシネ

お嬢様奥様旦那様お坊ちゃま、今年は5月より暑い日が続き、6月は真夏日の連続ですが如何お過ごしでしょうか。藤堂です。

以前、劇団新感線を「IHIステージアラウンド東京」で感激してとても面白かったとお話させていただきました。是非新感線の他の舞台を見たいと思っていましたところ、過去の新感線作品4作が「ゲキxシネ」として上映されました。最新のデジタルシネマ技術で収録、映像化し映画館で楽しむことが出来、舞台では見ることが出来ない部分、汗や涙もクローズアップされてみることが出来る画期的な作品になっています。

今回は作:中島かずき、演出:いのうえひでのりの4作品「阿修羅城の瞳2003」「薔薇とサムライ」「髑髏城の7人~ワカドクロ」「髑髏城の7人~アカドクロ」で残念ながら全作品を観る事が出来ませんでしたが頑張って東銀座の東劇まで3日間通いましたが、先ず面白いです。「阿修羅城の瞳」は中島かずきが描いた人と鬼との凄い恋物語で市川染五郎と天海祐希が美しくラブシーンもアップで見せてくれます。見たうちで一番のおすすめです。「薔薇とサムライ」はロックからバラードまで音楽も楽しめます。大変長い作品で途中15分の休憩が入りますが、19時から始まって終わったのが22時30分でした。天海祐希の海賊が、宝塚の男役トップだっただけに素晴らしいです。歌ありダンスあり、アクションありの超大作でした。「髑髏城の7人~ワカドクロ」は小栗旬、森山未來、早乙女太一ら出演で新感線の代表作を若い人達で見せてくれました。どの作品もそれぞれに楽しさがありました。天海祐希のおにが美しかったです。

次回新感線のメタルマクベスは期待大でございます。では本日はこの辺りで失礼します。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 12:30

わが愛しのフットマン達No.9

暑いひが訪れたかと思えば冬に帰ったような日があったり不順な日があり過ごしにくい今日この頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。藤堂でございます。本日もまた藤堂の'わが愛しのフットマン達'をご紹介させて頂きます。


先ずは水瀬セカンドスチュワード、大変スマートです。ヒゲが濃く男性的ですがとても優しく温かい心の持ち主であり礼儀正しく、お屋敷ですれ違う時も笑顔で会釈をしてくれ、お嬢様をお送りするときもお出掛けになりました後に、藤堂に有難うございましたと挨拶しとても好感の持てる青年です。お嬢様へのおもてなしも優しい心で応対しています。お嬢様もご存じの様にこの度は昇格し一層張り切ってお嬢様にお仕えする事と思います。ご期待下さると共に励ましてやって下さいませ。


緑川フットマン、水瀬ほどスマートではありませんが優しく可愛い、頭が良く人の気持ちをつかみ笑顔を忘れずにお嬢様にお仕えしています。芝居が趣味で芝居の話をする時は目を輝かせています。担当させて頂いた時にはそんな話題も投げ掛けてやって下さいませ。6月のカレンダーは藤堂と緑川、綾瀬と3人で写っています。両側で親子?ではなくてお爺ちゃんを引き立ててくれています。


そうなりますと次は当然綾瀬フットマンでございます。美形ですネ。立っているだけで絵になるような雰囲気を持っています。ニコッと笑う笑顔はお嬢様に人懐っこく、安心感を与えてくれます。緑川、綾瀬と写っている6月のカレンダーは2人の孫を藤堂引き立てているいるようでもあります。担当させて頂いた時にはよろしくお願い致します。


次に生駒フットマンです。細い身体ですネ。藤堂よりもずっと細くセンサイな部分を持っています。きちんと業務を遂行してくれお嬢様がお出掛けになられる時間が参りますと藤堂を迎えに来てくれる優しい気配りが出来る頼もしい人柄です。生駒も芝居が趣味の現代っ子です。担当させて頂いた時には暖かい心で包んでやって下さいませ。


浅葱フットマン子供っぽい感じでしたが最近大人っぽさを感じるようになりました。紅茶も一生懸命勉強して美味しく淹れてくれるようになり藤堂も嬉しく見守っています。口数はそんなに多くありませんが人柄の良さが出ているように思います。美味しくない時にはアドバイスしてあげて下さい。更に自分を研く事と存じます。お嬢様にも精神誠意尽くして参ります。どうぞ見守ってやって下さい。


本日も5人のフットマンを紹介させて頂きました。藤堂にとりまして我が子のような愛しいフットマン達です。是非よろしくお願いします。
本日はこの辺りで失礼します。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 11:30

修羅天魔~髑髏城の七人…極

お嬢様、奥様、旦那様、お坊ちゃま暖かい日が訪れたと思いましたら急に気温が下がり天気のいい日は花粉が多く、何となく過ごしにくい日々ですがお元気なことと存じます。藤堂でございます。本日は芝居のお話でございます。

「IHIステージアラウンド東京」で劇団新感線の「修羅天魔~髑髏城の七人…極」花鳥風月と続き最後の公演の極を観てきました。

先ず驚きましたのは1,300人を乗せた観客席が回転しながら次々場面展開していくステージアラウンドシステム。座っていながら場面場面が変わってゆき右に行ったり左に行ったり少し上がった感じがしたり不思議な空間でした。ご覧になられた方も居られると思いますが是非一度劇場へ足を運んで下さいませ。

今回の最終編は極楽太夫に天海祐希、天魔王に古田新太、舞台では初めて見ました。天海祐希も宝塚の男役トップでは一度も見てなくてテレビのスカイステージで見た程度ですし、出演している俳優さんもほとんど知らない方々で福士誠治は何度か見た事があります。

物語は戦国の世織田信長が天へ駆け上がらんとする。その志に一人の女が夢を託し協力する狙撃手、暗殺者、それから十数年、一人の渡り遊女(天海)が現れるところから始まります。どちらかと言いますと男性向きに思えますが、女性の方も沢山観劇していらっしゃいました。

特出すべきは竜星涼演じる天魔王の息子でありながら宿場では女装していてとても美しいです。セリフも判り易くと思っておりましたら、戦くさの場面になりましたら、ぱっと変わり男になるところが又面白いです。

ステージアラウンドシステムの劇場はオランダアムステルダムに続いて世界で2番目です。5月31日まで上演されています。7月からメタルマクベスが上演されます。こちらも楽しみです。

本日はこの辺で藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 16:45

旅 イタリアの続き

梅の花が満開の季節が訪れました。お元気にお過ごしの事と存じます。本日はイタリア旅行の続きでございます。ミラノを後に致しましてヴェネツィアに参りました。 (more...)
Filed under: 藤堂 — 11:00

わが愛しのフットマン達

寒さが続いていますがお嬢様、奥様、旦那様、お坊ちゃま、お変わりなくお元気にお過ごしでいらっしゃいましょうか。そろそろ梅の季節が訪れて参ります。

久しぶりにフットマン達数名の紹介をさせて頂きます。

先ずは八幡フットマン
スラっとしてスマートですネ。背が高い割には体重が少なく、藤堂と同じくらいです。お嬢様のお世話をさせて頂いている時は大変真面目で緊張していますが、給仕が終わりますとガラリと変わり藤堂に、ああでもない、こうでもないと挑戦してきます。それをそばで見ている胡桃沢が笑って、また始まったとニヤニヤしています。別に二人で漫才をしているわけではありませんが口は減らないけれど藤堂には可愛いフットマンです。担当させて頂きました時には、そんな事も思い出して下さいませ。

胡桃沢フットマン
名前が既に出てきましたが、人に揉まれたのか非常に礼儀正しくいつもニコニコしながらお嬢様のお世話をしています。すれ違う時にも必ず会釈して笑顔で返してくれます。背があまり高くないところがいいですネ。彼は嫌がるかもしれませんが藤堂とあまり変わらないのがウフフです。趣味は映画鑑賞らしいです。担当させて頂いた時には、そのような話題も投げかけて下さいませ。

杉村フットマン
二人が出てきますと、どうしても杉村ですね。何故かと申しますと三人は非常に仲が良く時々一緒に行動しているようです。藤堂と同じようにお酒が大好きです。ドアマンも時々する杉村ですが大変真面目でいつも笑顔を絶やしません。返事もきちんとしてくれる性格の良い微笑ましいフットマンです。担当させて頂いた時にはよろしくお願い致します。遊びに行くときは藤堂を一緒にはさせてくれません。ちょっと不満かな?

平山フットマン
この間誕生日を迎えたばかりで少し大人になったかな?仕事がてきぱき出来ていつも藤堂を迎えに来ます。ダンスが趣味で歌も唄います。明るい性格です。給仕が終わりますと、よくお腹が空いたと言います。食事に誘っているのかと思いますが中々一緒には行けませんが、たまにはと思っています。少し大人になった平山が担当させて頂いた時はよろしくお願い致します。

黒崎フットマン
大人な雰囲気を感じさせるかと思えば人懐っこい面があり又妖しいつかみどころのないない様なところが黒崎の魅力ではないでしょうか。藤堂は宝塚に連れて行く約束をしていますが中々チケットがとれなくて約束を果たせない状況です。お嬢様に誠心誠意尽くす青年です。是非会いに来てやって下さいませ。

本日は五人のフットマンのプロフィールを紹介させて頂きました。次回にはまた他のフットマンの紹介をさせて頂きたいと思いますが藤堂にとりましては全員可愛い愛すべき若者たちです。是非ご帰宅頂きまして楽しいひと時を過ごして下さいませ。

本日はこのあたりで失礼致します。藤堂でした。


Filed under: 藤堂 — 10:30

お嬢様、奥様、旦那様、お坊ちゃま、あけましておめでとうございます。楽しい新年を迎えられた事と存じます。藤堂でございます。今年もよろしくお願いいたします。お屋敷でご帰宅をお待ちしています。

さて本日は昨年の暮れお休みを頂きましてイタリアに行って参りました。ヨーロッパは初めての国でした。人口が6,080万人、キリスト教が80%とゆうことです。直行便が良いので成田国際空港から参りました。アリタリア-イタリア航空で成田13時30分発でミラノへ所要時間は13時間時差が8時間ありミラノ着は18時25分次の日の夜でした。それからホテル迄40kmザハブホテルには20時15分機内食はパスタでした。リングイニが出ましたが固くて美味しくございませんでした。いかにお屋敷のパスタが美味しいかを痛感いたしました。明くる日の8時にホテルを出てミラノ観光に出発しました。先ずドゥオーモ、イタリアの街を代表する教会堂で500年を費やし1813年に完成したそうです。天を突き刺すように伸びた135本もの尖塔と天井を飾るステンドグラスは素晴らしいものでした。

ドゥオーモとスカラ座を結ぶガレリア・ヴイットリオエマヌエール2世、十字型の商店街にガラスの屋根をかけたアーケード長い名前の商店街ですが、イタリア初代国王も名をとったものです。路面には牡牛のモザイクで、なぜかこの上を回る人がたくさんいました。

この街で路面に飛び出しているガレリアという店でお茶をしました。クリスマス前で大きなツリーもありとても落ち着きと華やかさがありとても藤堂お気に入りの街でした。

路面電車もすぐ近くを通り異国情緒満載でした。

その後ベローナに参りました。シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」悲恋物語があった街。観光名所になっていますバルコニーを見上げて、思わず宝塚歌劇「ロミオとジュリエット」の舞台を思い出してしまいました。

ベネテア、フィレンツェ、ローマ、ナポリ、ポンペイと参りましたが次の機会にお話させて頂きたいと思います。

本日はこのあたりで失礼します。有意義で健康な1年でありますように祈念いたします。
藤堂でございました。
Filed under: 藤堂 — 13:00

プライムたちの夜

朝夕は秋色が深まり寒さが厳しくなって参りました。お元気にお過ごしでしょうか?藤堂でございます。

本日は新国立劇場で上演されている「プライム達の夜」です。国立劇場の芸術監督をされている宮田慶子演出で浅岡ルリ子が初登場で85歳の役に挑戦しています。小さい劇場での出演は初めてとのことです。

ある家の居間、85歳のマージョリーが30代のハンサムな男性と会話している。2人の思い出話にすすむとその内容に少しずつ食い違いが生じてくる。その話し相手はマージョリーの亡き夫に似せたアンドロイドだった。薄れゆくマージョリーの記憶をなんとかとどめようと娘夫婦(香寿たつき・相島一之)愛する人を失いたくない4人の出演者が素晴らしい演技を繰り広げてくれます。

亡き夫に似せたアンドロイド(佐川和正)舞台は2062年という近未来に設定されていますが、舞台上のアンドロイドであるプライムが気になりました。プライムのような存在はそう遠くない思いがしました。「プライム達の夜」では亡くなった人がプライムとして登場します。亡くなった人の人間の生前をアンドロイドにインプットされて現れたらどうでしょう。恐いような、楽しいような複雑な気持ちにさせられます。兎に角考えさせられる芝居でした。機会がございましたら、DVDでも結構です。是非ご覧下さいませ。若いお嬢様方は人生観が少し変わるかもしれません。

11月はこの舞台の他に宝塚「神々の土地」、東宝ミュージカル「レディ・ベス」を観ました。本日はこれで失礼致します。
もう師走でございます。健康な日々を過ごして下さいませ。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 16:00

宝塚花組公演「ハンナのお花屋さん」

今年の秋は台風が続き雨の日が多く過ごしにくい日が続いておりますがお嬢様、奥様、旦那様、お坊ちゃま、お元気でお過ごしでいられることと存じます。
藤堂でございます。

今回は宝塚花組公演の「ハンナのお花屋さん」を宝塚劇場ではなくてTBS赤坂ACTシアターで観て参りました。大階段もなく派手な舞台ではありません。ロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒースの一角で花屋を営む主人公、フラワーアーティストのクリス・ヨハンソン(明日海りお)がミア(仙名彩世)と出会って日常起こる出来事を通じて本当の幸せ、大切なものを見出していく物語で植田景子作・演出で明日海りおの為のオリジナル作品でございます。


花屋が中心で花の美しさ、自然の美しさ、人間としての美しさがテーマで花の好きな藤堂にはとても感銘を受けました。


花のある生活、より人間らしい生き方、是非是非お嬢様方にも観て頂きとうございます。人は誰でも一人では生きていけません。人と人と関わりの中で幸せ、そして生きる喜び、人の優しさを感じさせてくれました。藤堂も洋蘭を栽培していますが小さいのを入れると800鉢ほどあります。美しい花をたくさん咲かせて幸せな日々を過ごしていきたいと思います。


本日はこれで失礼致します。藤堂でした。
Filed under: 藤堂 — 10:10

宝塚月組公演 All for One ~ダルタニアンと太陽王~

皆様ご存知のアレクサンドル・デュマ原作の「三銃士」を基に小池修一郎が新しい発想でダルタニアンを中心に太陽王と呼ばれた類14世の秘密を知ったダルタニアンが王を救うアクション、ロマネスクです。


ダルタニアンは珠城りょう、ルイ14世に愛希れいか、アラミス美弥るりか、ベルナルド月城かなと…現在宝塚一若い組長憧花ゆりの(トーカ)最近メキメキ頭角を現してきた早乙女わかば等々
そして一番若いトップ珠城りょう中心に月組76名がこの大作1部2部の長編を楽しく観ました。


舞台はルイ14世が治めるフランス、銃士隊の新入りダルタニアンは王の剣の稽古相手に任命される王はダンスレッスンに夢中し剣術には無関心、ある日ダルタニアンは王家を揺るがす王の秘密を知ってしまうところからこの物語は展開して行きます。


フィナーレのロケットガールズによるラインダンス、珠城を中心にしたダイナミックなナンバー、パレードと続き月組一丸となっての今回の公演を盛り上げています。


もうご覧になられましたでしょうか?DVDなどで是非ご覧下さいませ。本日はこの辺で失礼致します。
藤堂
Filed under: 藤堂 — 15:00

宝塚花組公演「邪馬台国の風」「Santé!!(乾杯)」~最高級のワインをあなたに~

中村暁作、演出による花組公演は「邪馬台国の風」
花組新トップコンビ明日海りお、仙名彩世の大劇場
でのお披露目となり期待大の公演です。
(more...)
Filed under: 藤堂 — 09:00